RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ドイツ】コロナウイルス対策会議の記録文書漏洩「ゆっくりと溺れ死ぬイメージで恐れさせる」

2020年3月ドイツにてコロナウイルス対策会議記録文書が漏洩し、そこに記されている内容により、新型コロナウイルスが存在しないことがはっきりと知れ渡りました。

https://twitter.com/hitoshi44867230/status/1377435974926434307?s=21

政府やマスコミが、あれほどコロナコロナと騒いでるにもかかわらず、実は新型コロナウイルスの存在証明はされていないのです。

また、世界各国でもコロナウイルスの存在証明がないことを認めています。

○コロナの存在証明の情報開示をした結果www

ドイツで漏洩した文書からもわかるように、コロナパンデミックを起こした目的は、ウィルスで人を殺すのではなく、「恐怖」を蔓延させることでした。

https://twitter.com/kawta02/status/1305775250626326529?s=21

心理学によると、人は予想外の出来事やリスクが発生すると、実際の問題の大きさよりも遥かに大きな恐怖を抱くのだそうです。

そして、その恐怖を感じつづけると、正しい判断ができなくなり、交通事故などのトラブルが起こりやすくなるそうです。

実際に3.11などのテロや大規模な災害が起こった後は、交通事故の死亡者数が多くなったそうです。

そして、コロナパンデミックが始まってからというもの、マスコミが毎日のように「コロナは恐ろしい」と言って嘘をつき、人々の心の中に恐怖を植えつづけてきました。

その結果、人間関係の維持や日常生活を送ることさえも困難になり、多くの中小企業が倒産しました。

コロナパンデミックをでっち上げた創価学会は、人々の精神が消耗し、企業が倒産したり、経営難に陥ったところで買収をかけて乗っ取ることを計画してきました。

さらに、コロナの恐怖が極限に達したときに、治療薬やワクチンをばらまき、ボロ儲けする。

このように創価学会は、人々の心をコントロールして世界中を乗っ取ろうと計画していたのです。

しかし、その計画は早い段階で雲行きが怪しくなっていきました。

ドイツの文書漏洩だけでなく、様々な方面から「コロナは嘘」だという証拠が出揃い、誰が聞いてもコロナが嘘だとはっきりと目が覚める段階まで来ています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment