【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守か

【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守か

28日に放送された「サンデー・ジャポン(TBS系)」で、爆笑問題の「太田光」が「統一教会」を擁護する発言を繰り返したため、批判が殺到しています。

太田光は、番組放送中「自分が困るくらいにお布施をあげた方が報われるという教えは色んな宗教にあるので、それを取り締まるのはおかしい」「他の宗教団体とカルト教団との線引きは難しい」「統一教会の教え自体が間違っているとは誰も言えない」「統一教会は反社ではない」などと持論を展開、統一教会をひたすら擁護しました。

この太田光の発言を受け、番組の視聴者から批判の声が、Twitter上に数多く寄せられています。

太田光は、統一教会の機関紙「世界日報」とタイアップしている「月刊 Hanada」で連載を持っていることが分かっています。

過去の記事でも述べてきましたが、「統一教会」は霊感商法によって信者から法外な金品を搾取したり、世界各国で浸透工作を仕掛けてきたことが問題視され、欧米では既に“反社会的なカルト団体”として認定されています。

○【中共の工作機関・統一教会】「こども庁」から「こども家庭庁」への名称変更は、統一教会の指示だったことが発覚

過去の記事でも述べましたが、統一教会は、創価学会と同様、中国共産党の工作機関としての役割を担い、日本の各業界に多くのスパイたちを送り込み、浸透工作を仕掛けてきたことが分かっています。

太田光は創価学会の初代会長の「牧口常三郎」とそっくりであり、血縁関係にある可能性が高いと指摘されており、「牧口常三郎」は統一教会の政治団体「勝共連合」の日本支部を設立した「笹川良一」と親戚関係にありました。

したがって、太田光が統一教会をここまであからさまに擁護したのは、親戚である笹川家一族の利権を擁護するためだったとも考えられます。

◯創価人脈の「太田光」が選挙特番で暴言・失言を連発して炎上 妻の光代が他人のフリをして夫を擁護し、さらに炎上 夫婦揃って社会的信用を失う

この勢いで、日本に入り込んだ全てのスパイたちの正体が暴かれ、中国共産党ともども一刻も早く滅び去りますことを心から祈ります。

◯堀江貴文、「昔過ちを犯した団体を何の根拠も無しに叩くのはおかしい」「いじめと一緒じゃないですか?」と統一教会を擁護し、自ら正体をバラす

◯ 【中国共産党のスパイ】天皇にすら不遜な態度を取ってきた「習近平」が、コロナ感染した「岸田首相」に“お見舞い電報”を送り、岸田首相の正体をバラす

◯ 玉城デニー沖縄県知事、「日・米から沖縄を取り戻す!!」と演説し、自ら中国共産党の手先であることをバラす 統一教会の信者らと韓国で面会していたことも発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment