RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価学会の儲けのタネ】コロナワクチン接種後に精神異常になる人が続出 ここぞとばかりに精神科医たちが受診を呼びかけ

, …

ここ最近、コロナワクチンを接種した後、精神に異常をきたす人が続出し、精神科の儲けのタネとなっていることが明らかになりました。

以下のツイートによると、接種後の副反応などで受験勉強に集中できなくなった子供たちに対し、精神科を受診するよう呼びかけている医者がいるそうです。

かつて日本医師会の会長を務め、精神病院設立に尽力した「武見太郎」は、「精神病院は牧畜業」と言い放ちました。

武見太郎

一般の向精神薬も、その中身は単なる麻薬に過ぎないことがRAPTブログによって解明されており、向精神薬を処方され、飲み続けることで、薬の中毒になり、精神科の餌食となってしまいます。

○RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

○RAPT×読者対談〈第91弾〉悪魔崇拝と麻薬。

そして精神医療もまたコロナ茶番と同じく、創価学会の利権となっていることが判明しています。

子供たちを薬漬けにしてボロ儲けしようと企んでいるのが「公益財団法人 精神・神経科学振興財団」ですが、彼らはコロナワクチンで暴利を貪っている創価企業のファイザーや田辺三菱から多額の寄付を受けています。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○向精神薬の本当の恐ろしさを私たちはまだ十分に理解していない、とさらに深く認識すべきかも知れません。

このように創価学会は、ワクチンでボロ儲けするだけでなく、接種した人たちを病気にして、さらに治療費をぼったくり、死に至るまで彼らの財産を吸い尽くそうとしているのです。

このように、精神科に行くことは単なる自殺行為に他なりませんので、優しい誘い文句に釣られて足を踏み入れるようなことがあってはいけません。

○創価企業ファイザーが、薬害によって多くの人々を殺害してきた歴史

○ファイザー製コロナワクチンを接種した医療従事者の25歳男性、精神異常を起こし、走行中の車から飛び降り自殺

○【コロナ茶番のカラクリ】岸田文雄を含む自民党議員らが、製薬会社から多額の献金を受け取っていたことが発覚!!

〇地震予知による不眠症で体験した睡眠薬の恐るべき副作用 神様を信じて愛することが、どんな苦しみや悩みも解決させる唯一の方法(十二弟子・エリカさんの証)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment