RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

地震予知による不眠症で体験した睡眠薬の恐るべき副作用 神様を信じて愛することが、どんな苦しみや悩みも解決させる唯一の方法(十二弟子・エリカさんの証)

, …

以前の証で、熊本地震が起こる前に原因不明の不眠症に陥ったことについてお伝えさせていただきましたが、そのときのことをさらに深く掘り下げてお伝えしたいと思います。

〇RAPTブログに出会って、眠れないという不安がなくなり、睡眠の質が改善された!(十二弟子・エリカさんの証)

こちらの証でも書かせていただきましたように、熊本地震が起こる1ヶ月半くらい前から、突然、寝ようと思っても一睡もできないという極度の不眠症に陥り、それまで毎日7〜8時間寝ていたのが、3日間で合わせて30分くらいしか眠れなくなりました。

ちなみに私は熊本の隣の県に住んでいましたが、震度5くらい揺れました。

なぜ急に不眠になったのが原因が全く分からないまま、睡眠がほとんど取れない日々が続き、一日中精神的に不安定で、仕事にも全く集中できませんでした。

このままだと、肉体的にも精神的にも絶対おかしくなると思い、苦渋の決断で市販されている睡眠導入剤を試してみましたが、数日間で効果がなくなり、再び数日間、一睡もできない状態になりました。

どうしようもなくなり、さらに苦渋の決断で、絶対に行きたくないと思っていた精神科に行って睡眠薬を処方してもらいました。

しかし、睡眠薬の副作用は想像を超えるもので、まさに諸刃の剣でした。

服用すると、すぐに体がだるくなり、体力も気力もどんどん奪われて、頭もぼーっとして、這いつくばるように仕事へ行きました。

顔がひどくやつれていると周囲からも心配されました。

しかも、1週間くらいでその睡眠薬の効果も切れて、もっと強い睡眠薬を処方してもらわなければならなくなり、副作用がさらにひどくなって仕事にも行けなくなり、休みがちになりました。

私はこれから一体どうなってしまうんだろうと身の危険すら感じ、そもそもなぜ急にこんな状態に陥ってしまったのか分からず、絶望の淵に立たされてしまいました。

そんなときに、熊本地震が起こりました。

大きな地震だったため、余震で揺れが続いたりしたら、さらに不眠症に拍車がかかると不安になりましたが、なんと地震が起こった日からは、それまでの不眠状態が嘘だったかのように、通常通り毎日7〜8時間寝れるようになりました。

あれだけ毎日睡眠薬を飲んでいたのに、地震が起こってからは一度も服用していませんし、精神科にも行っていません。

このとき、明らかに私の身体が地震の前兆を感知していたのだということに気付きました。

小動物が地震の前に異常な行動をとると言われているのと同じように、無意識のうちに磁場か何かの変化を体が感じ取っていたのです。

でなければ、この一連の流れの説明がつきません。

また、ネットで調べてみると、地震前に体の不調を感じる人はたくさんいるようです。

これをきっかけに、人工地震を起こして人々を殺戮しようとしたり、不幸に陥れとしているイルミナティに対する怒りの気持ちがさらに強くなりましたし、睡眠薬を服用したことで、精神科の処方する薬がどれだけ恐ろしいものであるか痛いほど分かりました。

精神薬は、製薬会社や病院が儲けのタネにすぎないという話は聞いたことがあるかと思いますが、実際に、無責任な医者が安易に処方する薬を長期間飲み続けることで、重篤な副作用で健康被害を受け、脳も心も体もボロボロになり、人生まで台無しにしてしまう人が大勢います。

精神科で処方される向精神薬は、脳細胞を破壊し、認知障害やその他あらゆる障害を引き起こす、本当に恐ろしくて危険なものです。

それによってさらに危険な精神薬を処方される羽目になります。

〇裏社会による向精神薬の蔓延計画が着実に進んでいます。安易に薬に頼る道が、あなたを廃人同様にします。

〇向精神薬の本当の恐ろしさを私たちはまだ十分に理解していない、とさらに深く認識すべきかも知れません。

私の場合は、地震前の不眠による一時的なものでしたが、このときに行きたくもないのに、最終手段で病院や薬に頼らざるを得なくなる人の気持ちがよく分かりました。

しかし、そこに本当の救いはなく、むしろ製薬会社や病院の儲けのために、あれこれと病名をつけられて、余計な不安を植え付けられ、薬漬けにされるだけです。

また、地震発生後は毎日、長時間寝れるようになったものの、そのときに体験した不眠がトラウマになって、その後一年間、毎日、眠れるか不安でした。

しかし、RAPTブログに出会って有料記事の御言葉に聞き従ったことで、いつのまにかその不安が消えていきましたし、この世の真理や霊界の真実を知って、根本的な悩みの解決方法を知り、解決されそうになかった問題が次々と解決されていきました。

諦めずに向き合い続けていれば、いつか必ず救われる日がきます。

絶望の淵に立たされている人たちが、誤った道に行くことなく、RAPTブログに辿り着き、根本的な問題解決の方法を知って、暗闇の中ではなく希望の中で生きられますことを心からお祈りします。

〇RAPT有料記事285(2018年6月16日)これからこの世には苦難の時代が訪れるが、あなたたちはその中にあってもひたすら神様を愛して生きていきなさい。

〇RAPT有料記事247(2018年2月3日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment