RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【大本教・創価のカルト思想】むかし話の「桃太郎」を「桃子」に‥ 男女の違いを差別とするNPOとNHKに批判殺到

静岡県内のNPO「静岡県男女共同参画センター交流会議」が12日、男女の性差による偏見をなくすことなどの大切さを考える催しを開きましたが、あまりにも的外れな内容だったため、同NPOと報道したNHKに対し、批判が殺到しました。

同NPOは、むかし話「桃太郎」の主人公が男であることを差別とし、女の「桃子」を主人公にして描いた紙芝居を子供たちに読み聞かせたとのことです。

しかも「桃子」は、悪の象徴として描かれた鬼たちと話し合って和解し、悪人たちと共生していくという善悪を混同させるような悪質なストーリーとなっています。

NHKはこの取り組みについて、差別をなくし、多様性を学ぶ素晴らしい教育であると報道しましたが、ツイッター上では同番組に対して怒りの声が殺到しました。

現実に男と女には様々な違いがあり、男には男の役割、女には女の役割があるからこそ、社会が成り立っています。

そして、普通の庶民はその感覚を破壊されたくないと考えていますし、別に変えたいとも思っていません。

○【生長の家・谷口雅春の子孫】稲田朋美がLGBT理解増進法案を成立させ、カルト思想を広めようと悪あがき

○自民党議員が「種の保存に背く」とLGBTを批判し、逆に批判される 差別禁止で小児性愛までもが“多様性”と認められる時代へ

○イルミナティはLGBTと一緒に小児性愛までも普及させようと目論んでいる

そもそも、NHKが報じたように、男女それぞれの特性を生かした物語が差別に該当するなら、トイレや更衣室を男女別に分けることすら差別だということになってしまいます。

そして、「桃太郎」を「桃子」にしなければならないのであれば、「かぐや姫」も「かぐや殿」にしなければならず、それでは明らかに物語そのものが破壊されてしまいます。

男女の違いや特性をはっきりと理解し、それぞれに合った仕事や役割を果たすからこそ、より良い社会を社会を築くことができるわけですが、NHKの運営母体である創価学会はそのような健全な社会を破壊したくて仕方がないようです。

しかし、こうしてNHKの報道が炎上するということは、真っ当な感覚を保っている庶民が大半であり、イルミナティの洗脳工作も上手くいっていない証拠だと言えます。

このようにNHKは、創価のカルト思想で洗脳する反日メディアに他ならず、今回のニュース以外にも、精神衛生上、悪影響を及ぼす情報が数多く放送されていますので、絶対にNHKなど試聴しないようにしましょう。

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅣ】創価学会とズブズブのNHKも、幼児誘拐や少女売春に関与の疑い

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment