RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ第5波という新たな茶番】ワクチン接種で副作用を発症した人をコロナと診断、感染者を捏造

, …

現在、東京都などの主要都市でコロナの「第5波」が深刻化しているとのフェイクニュースを、マスコミ各社が報じています。

統計データ分析家の本川裕は、「ワクチン接種率の高い国ほど再び感染拡大しています。接種したことで人々の気が緩み、安心感から行動抑制が効かなくなっている」と指摘しており、コロナの感染を防ぐためにワクチン接種を実施したにもかかわらず、接種が進めば進むほど感染拡大するなどと言って、庶民(B層)を混乱させています。

イルミナティどもは、コロナ茶番を2023年まで長引かせたいと計画しているため、ワクチン接種で副作用を発症した人たちをコロナに感染したと診断し、次々とコロナ患者を量産しているわけです。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

実際、コロナワクチンやマスクに含まれる「酸化グラフェン」を吸引すると、コロナと似たような症状が出る仕組みになっていますので、コロナ患者を捏造することはとても簡単です。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

イルミナティどもは、「1回や2回ワクチン接種を受けただけでは効かない」と庶民に思い込ませ、3回目の接種を受けさせることで、確実に副作用を発症させ、さらなる人口削減を目論んでいるわけです。

このように「第5波」など本当は起こっておらず、単にイルミナティどもがコロナ茶番を継続し、庶民にワクチンを接種させたいがために噓をついているに過ぎません。

マスコミの垂れ流すこうした低レベルのフェイクニュースに騙されないように注意してください。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment