RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家】中田敦彦シンガポールに逃亡するも、早くも「日本に帰りたい」と泣き言 ネット上では「戻ってくるな」と非難囂々

シンガポールに移住した中田敦彦が、自身のYouTubeチャンネルで「日本は人口が多くて、国土が広くて、経済も豊か。 しかも四季がある。こんなすごい国は他にはない」 と述べ、早くも日本に帰りたいと泣き言を言っています。

しかし、中田敦彦は日本を貶めるような発言や、全くのデタラメな情報をYouTube動画で配信し、日本人を洗脳しようとしてきたため、「帰ってくるな」と非難が殺到し、炎上しています。

ネット上では「アンチを減らすためのゴマすり作業」「帰って来るなら、日本の皆様、私が間違っておりました。日本は素晴らしいです。申し訳ありません。って土下座謝罪しろよ」「もうお前の席ないから」「コイツのYouTubeを見てるヤツの気が知れない」「どの面下げて日本に戻るつもりなんだ」などの怒りの声が上がっています。(悪口の応酬は、以下のリンクから)

〇【悲報】中田敦彦さん、シンガポール移住を後悔「日本に戻りたい。日本は素晴らしい国だとわかった」

中田敦彦は、反日テロリスト「李奉昌」の血縁である可能性が高く、YouTubeで間違った情報を平然と配信していたのも、日本の破壊工作の一環だったことが判明しています。

○【やはり李家】中田敦彦は、昭和天皇暗殺を企てた韓国人テロリスト「李奉昌」の血筋である可能性大

また、中田敦彦はシンガポール在住の日本人からも嫌われており、せっかく日本から逃亡したにもかかわらず、現地でも肩身の狭い思いをしていることが分かっています。

○【嘘つきは中田のはじまり】日本国民から嫌われてシンガポールに逃亡するも、現地人から嫌われて苦情が殺到する中田敦彦・福田萌夫妻

このように中田敦彦は日本人から完全に嫌われていますので、今さら日本に戻ってきたとしても、堂々と外を歩くこともままならず、今まで以上に不自由な生活を強いられることは目に見えています。

もっとも、中田敦彦の故郷は日本ではなく韓国のようですから、シンガポールでの生活が辛いようであれば、とっとと故郷の韓国に帰ればよいかと思います。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment