RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【やはり李家】中田敦彦は、昭和天皇暗殺を企てた韓国人テロリスト「李奉昌」の血筋である可能性大

現在、中田敦彦はYouTubeでさんざん嘘をついて庶民を洗脳していたことがばれ、家族揃ってシンガポールに逃亡していますが、彼はかつて昭和天皇暗殺(桜田門事件)を企てた韓国のテロリスト「李奉昌」にそっくりだということが判明しました。

「李奉昌」は、韓国では独立運動家、義士として見なされているようですが、日本で暮らしている間は、酒や賭博、遊郭に入り浸り、常に借金まみれの素行の悪い人物だったようです。

「李奉昌」は1932年、抗日武装組織「韓人愛国団」に所属し、手榴弾をもって昭和天皇を襲撃し、失敗に終わったものの大逆罪に問われ、死刑に処せられました。

○Wikipedia-李奉昌

中田はかねてより、反日芸人と見なされ、YouTubeでも韓国寄りの解釈や噓を交えて語っているとして、各方面から批判が殺到してきました。

○中田敦彦「韓国寄り」日韓関係解説でYouTubeが炎上……「円→ドル」致命的ミスで「未確認で配信」疑惑も

中田はやはり、日本人になりすまし、あえて反日的な漫才ネタやポーズ、発言などを繰り返し、日本人を侮辱しながら嘘をばら撒いて洗脳してきた反日勢力=李家だったというわけです。

中田があっけなく日本を離れて海外に移住できたのも、特に日本に愛着がなかったからでしょう。

こうして中田敦彦は「反日テロリスト」の子孫だということが判明しましたので、やはり彼のYouTube動画は試聴するべきではないでしょう。

○【嘘つきは中田のはじまり】日本国民から嫌われてシンガポールに逃亡するも、現地人から嫌われて苦情が殺到する中田敦彦・福田萌夫妻

○中田敦彦と日本基督教団は、一つに繋がっている!!

○【李家・創価のダブルコンボ】中田敦彦が“顔出し”引退を撤回

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment