RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【嘘つきは中田のはじまり】日本国民から嫌われてシンガポールに逃亡するも、現地人から嫌われて苦情が殺到する中田敦彦・福田萌夫妻

タレントの福田萌が、シンガポールの街を歩いている姿をInstagramで公開し、それをわざわざマスコミが取り上げて報道しています。

こうしてただ街を歩いただけで、一大ニュースであるかのように報じてもらえるのは、「福田萌」が李家の血筋だからに他なりません。

「福田萌」は「福田康夫」にそっくりで、「福田康夫」が香港の大富豪「李嘉誠」にそっくりであることから、彼ら二人がどちらも李家の血筋であることが既にRAPT理論によって暴かれています。

「福田萌」の夫である「中田敦彦」も、「板垣退助」や「李商在」に似ていることから、同じく李家の血筋であることが判明しています。

そして、彼らが夫婦そろって突然シンガポールに移住したのは、中田敦彦がYouTubeで間違った知識やカルト思想を言い広めたことで、国民から嫌われてしまったことが最大の原因だと言われています。

○集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

○オリラジ中田敦彦が「顔出し」引退宣言

中田敦彦は、真実を歪曲した情報をYouTubeで平気で垂れ流し、様々な宗教や文化を冒涜するような発言をしてきました。

https://twitter.com/takarin___7/status/1323667671167115270?s=21

その結果、中田敦彦についてのニュースが報じられる度に、そのコメント欄が批判や悪口で埋め尽くされるようになり、「嘘つきは中田のはじまり」という“ことわざ”まで作られるようになりました。

しかも、中田敦彦の弟に至っては、RAPT氏に対して集団ストーカーをしていたことがバレてしまいました。

○集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

庶民をバカにして嘘をつきまくった挙句、弟が集団ストーカーまでしているとなると、彼らが日本国内で生活できなくなるのは当然のことです。

しかも、中田夫妻がシンガポールに移住した後、これで一安心かと思いきや、現地の日本人からも嫌われまくり、苦情が殺到しているとのことです。

福田萌のInstagramを見てみても、全く幸せそうな雰囲気が伝わってこないのは、やはり背後にこういった事情があるからでしょう。

李家(群馬人脈)は、この日本でJAL123便墜落事故や地下鉄サリン事件など、世間を震撼させた凶悪犯罪を起こし、数多くの人々を殺戮してきた凶悪犯の集まりです。

○群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

そのため、今や李家(群馬人脈)には次々と恐ろしい裁きが下されていますが、福田萌も中田敦彦も同じ群馬人脈である以上、神様の恐ろしい裁きを免れることは不可能でしょう。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1334417527674347527?s=21

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

○群馬人脈こそ麻薬売買の元締め 日本の麻薬売買の拠点は群馬県だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)