RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

米連邦最高裁でビル・ゲイツと大手製薬会社が敗訴 ワクチン接種が禁止される可能性も

アメリカでロバート・F・ケネディ・ジュニア上院議員を中心とした科学者グループが、ビル・ゲイツと大手製薬会社を相手取って起こしていた裁判で、ビル・ゲイツ側が敗訴し、米連邦最高裁はワクチン接種の中止を言い渡したとの情報がTwitter上に流れ、注目を集めています。

この情報の真偽については、今後きちんと精査する必要がありますが、もしこれが本当だとすれば、アメリカのみならず、この日本においてもコロナワクチンの接種が中止される可能性があります。

実際アメリカでは、既にコロナワクチンの危険性がメディアで大きく取り上げられ、誰もがワクチンの危険性を知ることのできる状況となっています。

○アメリカでコロナワクチン3億回接種を達成した結果、副作用約36万人、死者5993人

○コロナワクチンを接種した動物は全て死亡 ワクチンの安全性と有効性は証明されていない

○ファイザー元副社長イードン博士 ワクチン接種による子供の死亡リスクは50倍だと語る

○ロックフェラー家は10年前からコロナパンデミックを計画していた!!

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

ワクチンによる人口削減が強力に押し進められる中、こうして反ワクチン勢力も確実に大きくなっていますので、私たちも続けて根気強くワクチンに関する正しい情報を発信し、卑劣な人口削減計画を一刻も早く頓挫させなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment