RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【人口削減の促進】ワクチン接種で1億円当選 米各州が宝くじ方式を導入

アメリカのオハイオ州で、コロナワクチン接種をした人に抽選で約1億円が当たる異例のキャンペーンを実施したところ、一日あたりの接種者の数が53%増えたことが分かりました。

この結果を受け、ニューヨーク州でも、ワクチン接種をした人に対して最大約5億4000万円が当たる宝くじを無償提供すると発表しました。

○ワクチン打てば5億円当たる!? 米国NY州、宝くじを無償提供

また、東部メリーランド州でも、接種者に総額約2億1700万円を支給するキャンペーンを実施すると発表しました。

○ワクチン接種促す宝くじ、米各州が相次ぎ導入

こうして各州のトップたちは、人口削減計画を促進するために、大金が当たると言って庶民を誘惑し、危険なワクチンを接種させようとしています。

そもそも、宝くじは普通の庶民にはほとんど当たらない仕組みになっていますから、このようなキャンペーンはただの“釣り”に過ぎません。

ワクチンを一度接種すれば、宝くじに当選するよりも、重篤な副作用を発症して死亡する確率の方が高く、庶民にとっては単なるマイナスでしかありません。

しかし、このように宝くじに飛びついてワクチン接種を受ける人がいるということは、それだけワクチンの危険性を知らない人が未だに大勢いるということです。

実際、ニューヨーク州でも、ワクチン接種者に無料でマリファナを配るキャンペーンを行ったところ、多くの人たちが長蛇の列を作ったと報じられました。

○ワクチン接種で大麻無料 マリファナ記念日に大行列 NY市

いずれこの日本でも、このような形で庶民を釣って、ワクチンを打たせようとする動きが出てくるかも知れませんが、甘い誘惑に乗せられて、軽い気持ちでワクチンを打ってはいけません。

ワクチンの危険性を十分に知り、自分自身を含め、この世の多くの人々の命を守っていかなければなりません。

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment