RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

群馬県は出雲族や李家の最重要拠点であると、これまで何度も述べてきましたが、群馬県は大昔から現代に至るまで、悪魔崇拝やカニバリズムが常習的に行われ、今もなお残酷な殺人事件や猟奇的な事件が多発する、まさに“呪われた地”と化しています。

終戦間際の1945年、群馬県は飢饉に見舞われ、子供の間引きが当たり前のように行われていました。

しかも、山間の小さな村々は外界との交流が少なく、近親相姦が頻繁に行われ、障害児も多く生まれていたそうです。

そんな中、飢えに苦しむ女が、夫の連れ子だった知的障害の娘を殺し、鍋で煮て家族に振る舞ったという凄惨な事件が起こりました。

また、時は遡り、1933年にも群馬のとある市営の火葬場の土地で1570体もの遺体が発見され、しかもその遺体の大部分が、若い女性や子供だったという事件がありました。

このとき、地域住民の育てられなくなった子供たちを、火葬場の職員が金銭と引き換えに預かり、殺害・遺棄した疑いが出たほか、女性の死体の多くが焼かれずに埋められていたため、同職員が好みの女を物色し、屍姦していたのではないかとの疑いが持たれたそうです。

○若い女性と赤ん坊から「脳」を抜き取った猟奇犯…群馬で起きたおぞましき事件の真相

また、それらの遺体の頭蓋骨には、何らかの器具を使って穴が開けられており、遺棄する前に脳みそを抜き取った痕跡があったと言われています。

当時、人間の臓器や脳みそはあらゆる病気を治す効果があり、特に性病を治す薬として絶大な効果があると信じられていたため、高値で取引されていました。

その女子供の脳みそも、薬用として取り出されたわけでしょう。

さらに1971年には、高崎市の創価学会支部長だった「大久保清」が、高校生を含む女性8人を暴行し、殺害するという、陰惨な事件が起きています。

○Wikipedia-大久保清

さらに1979年から1996年の間に、群馬と栃木で「連続幼女誘拐殺人事件」が発生し、5人の少女が誘拐、殺害され、犯人が見つからないまま時効を迎えています。

このように群馬県では、きわめて異常な殺人事件が当たり前のように続々と起きているわけですが、群馬人脈の筆頭である「ビル・ゲイツ」も、群馬県にきわめて近い長野県の「軽井沢」に巨大な悪魔崇拝施設を建て、上級国民を集めて生贄儀式を行なっていることが明らかになっています。

群馬人脈は、こうした卑劣極まりない事件を起こしておきながら、今でも創価学会の力で全て揉み消し、なかったことにしてきました。

このようなわけですから、九鬼家や青山家など、いわゆる群馬人脈と呼ばれる者たちが、JAL123便を墜落させ、搭乗した520人もの乗客を殺害し、悪魔への生贄として捧げたことに、何ら良心の呵責も感じないのは当然のことだと言えます。

このようなおぞましい悪魔崇拝者たちが、一刻も早くこの地上から完全に消滅するよう、彼ら群馬人脈の滅びを心から祈るばかりです。

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○コロナで「ディズニーストア」が次々閉店 ディズニーランドは群馬人脈によって作られた!!

○アメリカは異常なまでの誘拐大国。年間80万人の行方不明児童たち。

○急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

○日本各地に悪魔崇拝のための秘密の地下施設が点在している可能性について

○東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

○東京の地下に眠る秘密施設。その構造についての幾つかの考察。

○JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝の拠点でしょう。

○JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

〇ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

○ JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)