RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

仏テニス選手がコロナワクチン接種後、全身の激痛でプレイできずシーズン中断 次々と副反応で体調を崩すスポーツ選手たち

, …

男子テニス、世界ランク73位のジェレミー・シャーディ選手は23日、コロナワクチン接種の副反応による体調不良を理由に、シーズンを中断することを明らかにしました。

シャーディ選手は、東京五輪から全米オープンの間にワクチンを接種したところ、副反応に苦しむようになり、運動しようとすると、たちまち全身に激しい痛みを感じ、プレーできなくなったと語っています。

また、シャーディ選手はこの問題について「2人の医師に診てもらい、いくつか検査を受けて何が問題か把握した。最も大切なのは自分自身をいたわることだ」とし、「コートへの復帰を急いで健康の問題をそのままにするのではなく、もっと自分自身をいたわる時間を増やし、将来は何も問題がないようにしていきたい」とも述べています。

このようにコロナワクチンを接種すると、心臓に大きなダメージが加わり、心筋炎や心筋梗塞などにかかりやすくなります。

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

○イギリスの諮問機関、12〜15歳へのコロナワクチン接種を推奨せず 心筋炎のリスク懸念 日本政府の方針と逆行 

こうした心臓の病気は、回復するどころか、いつ急変するかわからない状態が一生つづき、スポーツ選手にとっては、もはや選手生命を失ったも同然の状態となります。

実際に、中日ドラゴンズの木下投手も、ワクチンを接種した後、トレーニング中、心臓に問題が発生し、長らく入院した後、回復することなく死亡しました。

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手、コロナワクチン接種後に死亡 マスコミはこの事実を隠蔽

さらに、大きく報じられていないだけで、日本の野球チームやサッカーチームでも、副反応により試合を欠場する選手が後を経ちません。

○オリックス・ジョーンズがワクチン副反応で抹消、大下誠一郎が代替登録

○西武 ワクチン接種の副反応で数選手が欠場 育成1年目・長谷川がアピールの一発

○西武ワクチン接種の副反応出た選手が欠場 侍源田と平良は10日から合流

○【カープ】2軍でワクチン副反応続出、遊撃にメヒア

○J1名古屋の監督「ワクチンには感謝しつつも、その部分は苦しい」接種した選手の多くに発熱などの副反応、チームへの影響指摘

このようにスポーツ界でも着実にワクチン接種による被害が浮き彫りになっていますので、こうした情報を多くの人たちとシェアして、お互いの命をしっかりと守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment