RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イギリスの諮問機関、12〜15歳へのコロナワクチン接種を推奨せず 心筋炎のリスク懸念 日本政府の方針と逆行 

, …

英政府の諮問機関である「ワクチン予防接種合同委員会(JCVI)」は3日、12〜15歳に対するコロナワクチン接種を推奨しない方針を明らかにしました。

ワクチン接種後、若い世代を中心に副反応として心筋炎の発症が報告されているためとしています。

イギリスでは、かねてより「コロナは嘘」だということを積極的に暴露し、拡散する動きが見られることから、国民も早い段階でワクチンの危険性に気付いているようです。

○「イギリス政府関係者からのリーク」イルミナティによるコロナ計画の全貌と今後の人民支配の計画の詳細が流出!

○イギリス政府で働く科学者が「コロナ騒動は茶番だった」と認める!! ロスチャイルド本家の勢力挽回か?

○【世界の要人もコロナは噓だと知っている】イギリス保健相が不倫相手とソーシャル・ディスタンスを破り、引責辞任

一方、日本政府は未だに12歳からの接種を推奨しており、渋谷の接種センターに多くの若者が行列を作り、接種を望んでいるとのプロバガンダを流し、庶民を洗脳しつづけています。

○【渋谷】ワクチン接種会場の行列はエキストラだった!! 接種会場に並び接種を受けるフリをするバイトを募集

○政府がコロナ検査キット80万回分を幼稚園や小中学校などに配布、ついに子供たちを大量虐殺のターゲットに

この日本政府の方針は、イギリスと完全に逆行しているわけですが、このままいくと多くの日本の若者たちが心筋炎を患い、早死にしてしまう恐れがあります。

○ファイザー元副社長イードン博士 ワクチン接種による子供の死亡リスクは50倍だと語る

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

ワクチンの危険性を知った大人たちが、その事実を子供たちにもしっかりと教え、彼らの尊い命を守ってあげなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment