RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番のカラクリ】コロナ感染者ゼロだったノルウェーで、ワクチン接種開始後にコロナ感染者数が激増

, …

ここ最近、ワクチン接種の進んだ国々でコロナの感染拡大が深刻化していますが、実際はワクチンの副作用を発症した人をコロナ感染者と見なし、感染者数を水増ししていることが明らかになっています。

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

○コロナワクチン接種率世界一のイスラエルでコロナ感染拡大 ワクチンの副作用で感染を捏造していることが立証される

○【ワクチン接種で捏造されるコロナ感染者】コロナ感染者0人だったモンゴルで、ワクチン接種キャンペーン開始後にコロナ感染者が急増

そして、ノルウェーでもワクチン接種を始めた途端に感染者が現れ、かつ急増しており、イスラエルやモンゴルと全く同じ現象が起きています。

以下の2つの表は、ノルウェーにおけるワクチン接種率の推移と、コロナ感染者の人数を示したものですが、最初は感染者がゼロだったにもかかわらず、接種を始めたとたん感染者が現れ、その後、接種率とともに感染者が増加し、感染爆発を起こしていることが分かります。

一方、「コロナは嘘」だと気づいたノルウェーの人たちは、ノーマスクで散歩やトレッキングを楽しみ、健康的に過ごしているようです。

このように正式なデータを見ても「コロナは嘘」だと証明できますので、私たちもワクチンなど一切接種せず、マスクも外し、コロナ禍以前の生活をそのまま続けることが最善であるかと思います。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment