RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

WHO「コロナワクチン3回目接種の必要性は根拠なし」

, …

世界保健機関(WHO)のスワミナサン首席科学者は18日、コロナワクチンの3回目接種について「現時点で得られているデータからは、必要ということは示されていない」と述べ、3回目以降の必要性については、今後さらなる調査が必要と指摘しました。

したがって、今現在、日本政府は着々と3回目の接種に向けて準備を進めていますが、全く科学的な根拠がない中で、国民から集めた税金をワクチンに注ぎ込んでいるということになります。

○大量殺人犯の河野太郎が3回目接種分のワクチン確保を発表、確実に国民の命を殺戮しようと目論む

そもそも、コロナワクチンを接種をすれば、感染を予防するどころか、ワクチンに含まれている酸化グラフェンの毒性によって、肺炎や血栓症などの副作用を発症し、最悪、死に至る可能性があることが分かっています。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

このように政府が推奨することは、科学的根拠のない全くのデタラメであることがはっきりと明白になりましたので、絶対に彼らの言葉に従ってコロナワクチンを接種するようなことがあってはいけません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【米ワクチン接種により45000人が死亡】ハワイの弁護士がコロナワクチン接種強制に抗議、数千人の公務員とともに集団訴訟へ

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○【アメリカ】医療従事者の女性、ファイザー製コロナワクチンを2回接種後、両手両足が壊死して切断

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment