RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【神田沙也加の死の謎に迫る】神田沙也加は石原裕次郎・慎太郎一族の大スキャンダルを闇に葬るために殺害された可能性大

ここ最近、神田沙也加の死の真相を巡り、「自殺」したと偽装して騒動を収束させようとする動きが強まっています。

○【神田沙也加は悪魔崇拝の生贄として殺害された】“男女のいざこざ”が原因で自殺したと捏造するマスゴミ 交際相手に罵倒される音声流出という茶番

そんな中、当ニュースサイトに「神田沙也加は、これまで石原慎太郎がひた隠しにしてきた一族のスキャンダルを全て闇に葬るために殺されたのではないか」との情報提供がありました。

情報提供の内容は、以下になります。


松田聖子はこの時からバーニングに嫌がらせを受けており、それから守ってもらうために裕次郎の愛人になった。

しかしまき子夫人もいる手前、そのままではいけないので、石原軍団の誰かとくっつける事にした。

舘ひろしもいたが、聖子が気に入らなかった為に神田正輝にしたが、すでに岡田有希子と付き合っており、神田の子供を孕んでいたとも言われていた。

しかし先輩である聖子や石原軍団からの圧力には逆らえず、神田と別れ、子供も降ろした。

(婦人科にいっていた記録があるらしい。)

そのお詫びかも知れないが、聖子が「くちびるネットワーク」という曲の作詞をして、それが大ヒット。

(業界が意図的にヒットさせたのかも知れない。)

こうして岡田有希子は18歳の女性の幸せをすべて奪われた上で、大ヒットを手に入れた。

しかし当然精神のバランスが崩れ、自宅でガス中毒&リストカットの自殺未遂をした後に、事務所に連れて行かれ、遺書に書いている事実が公になるとマズいと判断されて、ビルから突き落とされた。

(飛び降りた場所が8階から屋上に変わったり、自殺ならば真下に落ちるはずなのが、そうでなかったり。

また事務所の看板アイドルが投身自殺したのに、直後に事務所の人間が誰も下まで見に行かずに、事務所内でうつむいていたなど、不審な点が多い。)

サンミュージックの金庫の中には、今でも岡田有希子の遺書が保管されているらしい。

これらのスキャンダルがすべて公になってしまうと、一番困るのは石原慎太郎です。

政治生命が終わります。

彼のバックにはCIAがいるとも言われていますが。

生け贄の可能性も否定しませんが、慎太郎の関与も否定しにくいと思います。

石原ファミリーと松田聖子らが秘密を隠して繁栄を続けるために、岡田有希子に宿っていたお腹の子の命を奪い、自殺に見せかけて本人まで殺害した可能性があるとのことです。

そして、石原家の当主とも言うべき石原慎太郎は、この一大スキャンダルを国民に知られれば、完全にその権力を失うことになります。

そのため、石原慎太郎にとって、石原裕次郎の忘れ形見である神田沙也加は、いつ爆発するかも分からない時限爆弾のような存在だったことは間違いありません。

○【続報Ⅲ・神田沙也加の死の謎】コロナワクチン接種の可能性と石原裕次郎の隠し子説が再燃

しかも、ここ最近、息子の石原伸晃は参院選に落選した上、内閣官房参与への道も閉ざされ、石原家の衰退が顕著になってきました。

さらに、石原ファミリーの血を受け継いでいると思われる河野太郎も総裁選で落選し、ワクチン担当大臣から外されました。

〇【石原ファミリーの親戚か】日本版ビル・ゲイツの河野太郎、ワクチン休暇導入で接種を強要

そんな中で、神田沙也加の出生の秘密や岡田有希子の死の真相まで国民に広く知られれば、二度と石原家を復興することはできなくなってしまいます。

こうした石原家の現状を憂慮した石原慎太郎が、神田沙也加を殺害した可能性もなきにしもあらずだと考えられるわけです。

○岸田首相が落選した親中派の「石原伸晃元幹事長」を内閣官房参与に起用し、国民から批判殺到

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

今後もさらに、神田沙也加の死の真相が明らかになり、関与した全ての悪人が厳粛に裁かれますことを心から祈ります。

○【神田沙也加がホテルで転落死】自殺と見せかけて悪魔崇拝の生贄として殺害された可能性大

○【続報・神田沙也加の死の謎】早くも北海道県警が“事件性なし”と真実を隠蔽 創価学会と三浦春馬との奇妙な接点の数々

○【続報Ⅱ・神田沙也加の死の謎】松田聖子は現代のフィクサー・朝堂院大覚と同族だった 芸能界と悪魔崇拝の密接な関係

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. もう35年も経過した「自殺」事件でしたが、亡き岡田由紀子の書いたとされるナゾの「遺書」の問題、それが所属していた芸能事務所の「金庫」にずっと保管され続けているとされる「都市伝説」の問題も、いずれもウワサが消えたことのない問題でしたね。
    近年になり、わが国の戦後「芸能界」は、ずっと在日韓国系の牛耳る業界だったと暴かれるようになってもおります。

    まあ、こうしたナゾの「自殺」が「不審死」と呼ばれるようになっておりますが、そんな「不審」を招く変死事件があまりにも増えてしまったようですね。
    そのせいでしょう、わが国でも21世紀に入り、「殺人」事件については、英米なみとなり、「時効」を廃止してしまうこととなりました。

    今回、ナゾの孤独な「自殺」(変死事件)をとげた神田沙也加、亡き岡田由紀子の「遺書」、あるいは悪名高いあの小泉純一郎内閣の時代から増えた新聞社その他の「記者」らの変死事件などなども含めた、コールド・ケースの再捜査がここで進むことを私も祈りたいです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment