RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

前澤友作が「宇宙詐欺」から一転「お金のバラマキ」を開始 「お金贈り」は個人情報を取得して売却する詐欺の常套手段

国際宇宙ステーションに滞在中と自称する実業家の前澤友作が、「宇宙でやって欲しい100のこと」を募集しておきながら、それを無視して突然、お金のバラマキを始め、物議を醸しています。

前澤友作は、自身のYouTube動画の中で、「全員にあたります」「下はいくらから上はいくらまで色んなバリエーションがあります」と特徴を説明し、ツイッター・インスタグラム・LINEの公式アカウントからURLにアクセスし、抽選に参加するよう促しています。

そして抽選後、前澤の立ち上げた寄付アプリ「kifutown」上で基本的な情報登録を済ませると、当選した金額が電子マネーで受け取ることができると説明しています。

しかし「タダより高いものはない」と言われているように、この「お金のバラマキキャンペーン」は、新たな詐欺を生むための個人情報の収集であることが判明しています。

上記の図にある通り、「お金を配る」と言ってフォロワーを集めている人たちは、群がってきたユーザーから個人情報を取得して、まとめて名簿屋に売却したり、LINEを利用した詐欺ビジネス、フィッシングメールのターゲットにしています。

そして前澤の「お金贈り」の場合も、「kifuton」に登録する際に、個人情報を登録しなければならないため、登録情報を「詐欺に引っかかりやすいカモリスト」として名簿屋などの闇業者に横流しされている可能性が高いです。

前澤友作が「宇宙詐欺」によって人々を騙していることがネット上で直ちに暴かれたため、苦肉の策としてお金をばら撒き、話題を変えて人々の目を逸らそうとしているのでしょう。

このように、前澤友作をはじめとしたイルミナティによる「お金配り」は、詐欺に引っかかりやすいカモを集めるための常套手段にですので、最初から相手にしないことが賢明です。

○【宇宙詐欺師・前澤友作】宇宙滞在の様子を配信するも、かえって「宇宙は存在しない」という証拠を次々と国民に提示 ヒーローから一転、笑い者に

○【宇宙はやはり存在しなかった】前澤友作の宇宙飛行により、宇宙詐欺の実態が芋づる式に暴かれる

○【出口王仁三郎の子孫】前澤友作、「宇宙っていう場所が本当にあった。地球はマジで丸いし青い」と必死でRAPT理論を否定するも、早くもワイヤーアクションがバレる

○【出口王仁三郎の子孫】前澤友作が国際宇宙ステーションへ到着したフリをして人々を洗脳しようとするも、早くも嘘だとバレる

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment