RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【反日メディアNHK】子供へのコロナワクチン接種を懸念する親を「心の病」であるかのように報道し、批判殺到

, …

反日メディアのNHKが、朝のニュース番組で、コロナワクチンを危険とする情報を全て“デマ”だと決めつけた上、子供へのワクチン接種を懸念する親を、“心の病”にかかっているかのように報道し、批判が殺到しています。

NHKは「子供たちがワクチンを接種したがっているのに、デマを信じた親が打たせてくれない」「デマを信じた家族のせいで家庭崩壊した」「デマを信じている人は、自分を安心させてくれるような誤った情報に飛びついている」として、ワクチンの脅威から身を守ろうとしている人たちを悪者であるかのように報道しています。

さらに、「製薬会社も利権まみれ」「医師も利権まみれ」「添加物を使った食事は子供の発達に悪影響を及ぼす」といった情報まで“誤情報”だと報道し、国民を洗脳しようとしています。

さらに夜の報道では、「大学生などの若者がワクチンを打ちたがっている」と印象付けるかのように報道し、何としてでも多くの国民にワクチンを接種させようと悪あがきしています。

NHKは先日も、子供たちがマスクをつけたまま鍵盤ハーモニカを演奏する姿を放映し、コロナ対策を徹底する学校の姿勢を称賛して猛批判を浴びたばかりでしたが、未だ懲りずにコロナ茶番を煽ろうとしているようです。

○【反日メディアNHK】マスクをした子供たちに鍵盤ハーモニカを演奏させる学校を絶賛して報道し、批判殺到

このようにNHKは、大量殺戮に加担し、政府や創価学会のプロパガンダを流しつづけるしか能のないメディアですので、一刻も早くこの世から消滅することを心から祈るばかりです。

○【反日メディアNHK】紅白歌合戦でジェンダーフリーに配慮し「紅組司会」「白組司会」という呼称を中止 大本教などのカルト思想を押しつけ国民を洗脳

○【NHKによる悪質な情報操作】事故死したコロナ感染者の少年を「コロナ死」として報道

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「日本破壊協会」こと「NHK」の流布することですから、このような番組も、今や多くの一般国民が「スルー」していることとは思います。
    しかし、それにしても「5・5・5」(パーセント)という数字は、これいかにでしょうね…

    まあ、仏教徒の私は詳しくありませんが、これもまた何かの「カバラー数秘学」とやらの数字なのでしょうかね?
    NHKのお言葉を信ぜぬ者たちには「カミの怒り」をどうたら、というような…。(笑)

    最近、私個人が若いころ仕事でお世話になった男性が、70才という若さ(まあ今の時代、古老とは言えない年令)で他界したそうです。
    若いころお世話になっただけで、その後は残念ながらお付き合いもなくなっておりましたが、これもまた「新コロ」偽ワクチンの集団接種やマス・コミによる洗脳問題が原因か?と私もいぶかってはおります。

    お付き合いがなくなってしまった人たちにまで、口コミにて、「新コロ」偽ワクチンの薬害問題を啓蒙することはできないのが現状ですね。
    おかげで、若いころお世話になっていた方まで早く(寿命より10年くらいは早く)亡くしてしまうご時世となってしまいましたが、NHKなどマス・コミ業界にとっては、それが善いこと、というわけです…。

    まあ、それなら偽「ワクチン」と「新コロ」の啓蒙を受け、「家庭崩壊」に至ってしまっても、むしろ結果論として幸福な人生になりそうです。(笑)
    薬害で殺されるよりはマシだからですが、どうやら、ここへ来て「NHK」も完全「毒電波」の「放送局」へと成り上がったみたいですね。

    いずれにしましても、どうやらサタン崇拝の「放送局」となったらしき「NHK」なので、もう「受信契約」についても「見直し」をせざるを得ないなあと改めて思います。(爆笑)
    今回のような根拠不明な「放送」も、NHK「受信契約」を解約する上での「正当な理由」になるものと思いますのでね。

    近年、堕落した「国会」が繰り出す「新法」のため、NHKが見れないよう改造したTVを持っている国民も「義務」があることとなったりしておりますね(最近の最高裁判所の判決)。
    それでも、まあこうした正当な理由があれば、「契約の解除」をNHKに通告することは合法的に出来るでしょう。

    その意味では、今度の「放送」もまた、NHKと縁切りするための「保存版」情報として利用は出来なくもない気はします。
    反日の洗脳工作のため、怪しげなカバラーとかサタン崇拝とかが「放送」にまぎれこんで来るようでは、もはや法律上の本来の「公共放送」とは言えないし、「NHK」との契約を解除する権利は堂々と行使させてもらえることでしょうからね。

    今、臨時国会はまだ延長される様子もなく、キシブン内閣の合法性・正当性もまだ俎上にさえ乗っておりませんね。
    3分の1もの投票所が定刻前に「閉鎖」され、それによって「貴重な信任を得た」などと「勝利宣言」したのがキシブンの新内閣…

    「合法・正当」とはお世辞にも言えない首相と内閣が今、国民無視の「補正予算」をゴリ押ししながら、自分たちだけ再び税金で優雅な年末年始を迎えようとダラダラ国会を開会しております。
    冬将軍が到来したわが国では、おそらくこの一週間、再びかなり多数の餓死者・栄養失調死者が発生したものと私は推測しておりますが、宮崎アニメの「カオナシ」クンそっくりなキシブン首相は「オレはまったく痛痒(つうよう)も感じないど」といった様子ですね。

    少なくとも、今回の不正「総選挙」により新・代議士となった国会議員たちくらいは、「投票所閉鎖」という選挙対策(?)の異常さをここでキチンと認識し、国会内から有権者の前にて、その意味を議論してほしいものですね。
    キシブン内閣(やNHK)といった「権力者」が正当・合法であるか否かの問題すら、国会が問わないテイタラクとなってしまえば、もはや「国会」はエセ議会に過ぎませんので。

    かつての徳川幕府は、天保大飢きんやそのさなかに勃発した大塩平八郎の乱(ユダヤ専門家の宇野正美のHPはこれを「大塩平八郎の義挙」と表現しております)の中で、完全に信頼を失墜させてしまい、幕末の政治的動乱へ転落して行きました…
    その結果、政治的な「真空」に引き寄せられるかのように、ロスチャイルド一族のような寄生虫もわが国に深く浸透し、そのまま今に至っておりますが…

    現代の政治家も、徳川幕府がたどった「幕末」の動乱コースを再びたどって自ら地獄を見たいのか…。
    そうなりたくないなら、今、政治家はキシブン「首相」とその「内閣」がはたして正当・合法に選出されたものか否か、それを有権者の前に国会内から明らかにするべき秋(時)ですね。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment