RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン推進派の「セルヒオ・アグエロ」が不整脈を理由に現役引退を発表 バルセロナ本拠地で涙の記者会見

不整脈で療養中だったバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(33)が15日、現役引退を正式に発表しました。

アグエロは10月30日のアラベス戦に先発出場した際、胸の痛みを訴え、前半41分に交代を余儀なくされ、その後の検査で不整脈を患っていることが判明しました。

○【コロナワクチンの副反応の疑い】アルゼンチンのスターサッカー選手・セルヒオ・アグエロが試合中に倒れ、病院に搬送

アグエロは引退発表セレモニーに出席し、最初に「この会見は僕がプロサッカー選手を辞めるのを決断したことを伝えるものだ」と涙ながらに語りました。

続けて、「とても辛い瞬間だがこの決断に大いに満足しているよ。自分の健康が一番だからね。この決断を下したのは1カ月半前に問題があったからだ。大変お世話になった医師からサッカーを辞めるのがベストだと告げられたので、10日ほど前に決断を下したんだ。何か希望がないか全力で探したけど、ほとんど何も見付けることはできなかった。でも僕は自分のキャリアに大きな誇りを感じているよ」と引退の理由を説明しました。

過去の記事でも述べましたが、アグエロは12歳以上の全ての人にコロナワクチンを接種するよう推進してきた人物で、本人も接種していた可能性が高いと指摘されています。

心疾患は、コロナワクチンの代表的な副反応であり、既に多くの人がワクチン接種後に心臓を患って死亡しています。

○【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

また、アグエロだけでなく多くのスポーツ選手が、今年に入り、心疾患により引退を余儀なくされたり、死亡したりしています。

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

現在、この事実を必死で隠蔽しようする動きが非常に強く、マスコミもワクチンの副反応の可能性について全く触れようとしません。

こういった事例を通してコロナワクチンの危険性がさらに広く知れ渡り、多くの人々がワクチンの脅威から身を守ることができますよう、心から祈るばかりです。

○【プレミアリーグ】サッカー選手やファンの急変により、試合が中断される事態が急増 コロナワクチンの副反応である可能性大

○【オリベイラ選手の突然死】湘南ベルマーレの大口スポンサーは、コロナワクチンで国民を大量殺戮した河野一族の「日本端子」 河野太郎は同クラブの会長を歴任

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment