RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【オリベイラ選手の突然死】湘南ベルマーレの大口スポンサーは、コロナワクチンで国民を大量殺戮した河野一族の「日本端子」 河野太郎は同クラブの会長を歴任

若干23歳で突然死したオリベイラ選手の所属クラブ「湘南ベルマーレ」は、前ワクチン大臣の河野太郎や中国共産党とズブズブの関係にあり、かつワクチン利権にあやかって甘い汁を吸っていた上、人口削減計画にも直接関与していたことが明らかになりました。

「湘南ベルマーレ」は、かねてよりコロナワクチンの接種を推奨し、試合を観に来るサポーターにも、チケット購入時に「ワクチンパスポート」や「PCR検査陰性証明」の提示を求めていました。

さらに、先日の記事でも述べましたが、「湘南ベルマーレ」は平塚市から委託を受け、「レモンガススタジアム平塚」で市民への集団接種をも実施しています。

○【湘南ベルマーレ】MFオリベイラ(若干23歳)が「急性うっ血性心不全」で死亡 コロナワクチンの副反応である可能性大

実は、「湘南ベルマーレ」の大口スポンサーは、河野一族の経営する「日本端子」であり、2000年〜2005年に河野太郎が同クラブの取締役会長に就任しています。

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

https://twitter.com/7Znv478Zu8TnSWj/status/1438268048180322304?s=20
https://twitter.com/tsukinokokyuu/status/1442134465220804614?s=20

河野太郎はコロナワクチン大臣に就任し、「ワクチンは安全」「接種による死者は0人」などと言って国民を騙し、大量殺戮を主導したサイコパスです。

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

○ワクチンでの大量殺戮を計る河野太郎、過去に韓国人(李家)スパイを秘書に起用し、国家機密漏洩を容認

現在、オリベイラの死について、なぜかワクチンとの因果関係を否定する動きが目立っていますが、これも河野太郎一族の差し金でしょう。

以上のことから、オリベイラは河野太郎一族に殺されたと言っても過言ではありません。

河野太郎は、オリベイラの死について一切無視を決め込んでおり、ツイッターユーザーたちも不信感を抱いています。

ワクチン接種による大量死の実態が全て明らかになり、大量殺戮に関与した河野太郎をはじめ、全ての悪人たちが裁かれ、一人残らず滅び去りますことを心から祈ります。

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

○FCバイエルンがコロナワクチンの接種を拒否するキミッヒら5人を減給処分 ドイツで接種義務化の動き強まる

○【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なーるほど、またしても「河野デマ郎」代議士の関係だったわけですか…
    まあ悪いことにばかり「縁」のある「世襲議員」オジサンがいたものですね。
    私も、亡きオリベイラ選手に改めて合掌したく思います。

    記事中にあるツイッター投稿の見方では、デマ郎代議士の2019年3月のツイッター投稿は、ユニフォームの下の端にあった「日本端子」ロゴを隠すための画像トリミングをしたのでは?という話まで…

    この河野センセイが、今春から以降わが国で「新コロ」偽ワクチンの接種者にかなり多数の死者・病人が発生しだした後、ツイッターで疑問を投げかける一般国民に「ブロック攻撃」(?事実上の攻撃)を繰り返して問題化していたことは記憶に新しい所です。
    今回も、また新しい市民からの声がデマ郎センセイへと送られていますが、デマ郎代議士のこと、これらもまた「ブロック攻撃」して行くつもりでしょう。
    まあ、このデマ郎議員の「座った目つき」のアブなさ・サイコパスっぽさはハンパではありませんので、一般市民も彼に生命をとられたりしないよう皆で注意しないとなりませんね。

    いずれにしましても、デマ郎代議士=中共=日本端子=湘南ベルマーレ、という点と線が存在していたことも、本記事を見なければ私も見過ごしていたでしょう。
    今回、突然死したオリベイラ選手は、ようやくプロ選手としてのスタートラインに並んだばかりの23才だったわけです…
    それが、河野デマ郎・元ワクチン大臣(他に外相や防衛相も)たちのせいで、クリスマスを前に生命を落とすことになった。

    「首相候補だ」などと自民党内でヨイショされていたデマ郎・元大臣でしたが、結局あのキシブンが新首相となりました。
    とはいえキシブンはキシブンで、今は、中共への「利益提供」でもしているつもりなのか(まあ、たぶん日本での中共のフロント企業=創価学会公明党への利益提供(笑))、日本国民が人工的飢きんで困窮・餓死し続けている中、中共からの「留学生」への現金給付とやらを打ち上げる位しかできないテイタラク…。
    (同じ11月25日付の記事「外国人留学生にも10万円給付 あからさまに中国人を優遇する岸田内閣に非難殺到」http://rapt-plusalpha.com/25989/)

    日本人の一般国民に対して、すでにコメなど食料の配給制度でもスタートしていたなら別ですが、そんな仕事はしてないわけですから、これもまああくまで「不能首相」そのもののキシブンです。
    わが国でも、ツイッターの「マルクス主義」系の「学者」「活動家」などのように、毎日のように「現金の『一律給付』しか受けいれない!」と称する投稿を繰り返す人たちもおりますが、それら集団の「悪平等」と「水平主義」イデオロギーもまた、一般国民の困窮・飢きんを解決不能にしてしまったわけで、餓死者も増加させたという「成果」(?)は生んでおりましたが…。
    ちなみに、「新コロ」騒動が始まった昨年から、わが国ではコメなどの「外食需要」なるものが激減したそうで、今秋の米相場は「米価下落」中ですので、国・自治体がコメその他を「買い上げ」して一般国民に無料配給するとなれば、それは農業生産にとっての救済策ともなるわけですね。

    そのキシブン首相の「能面」のような人相は最近、かつて「創価学会アニメ」(「千と千尋の神隠し」)に登場した「カオナシ」(顔なし)クンにも似てきました。(笑)
    ちょうど、最新の「007」映画における悪役は、キモノ系の上着を着た日系ロシア人(?)「サフィン」クンで、彼の最初の登場シーンも「能面の男」としてですが。(爆笑)

    わが国の今年の「立冬」は11月7日だったので、暦(コヨミ)の上で冬となってからすでに3週間近い日にちがまた無為に過ぎた所ですが、いまだに野党でも食料の無料配給制度を要求する議員はないようです…
    こうして、国内で人工的飢きんを起こしているのに、他方では株式市場ばかり投機のような「投資」で潤わせている…

    そんな「経済」政策しか考えないようだと、わが国も「第二の幕末」(?)の時代に入りかねませんね。

    幕末には、それに先立つ1世代前に「天保大飢きん」が発生したものの、当時の幕府・諸藩では「コメ投機で金もうけ」(?)という「政策」に走る向きが多かったそう…
    その結果、人工的な飢きんが大発生してしまい、おかげで200年以上、続いた幕藩体制も国民からの信頼を完全に失って行ったそうですが(「大塩平八郎の乱」も勃発)、今また「歴史は自らを繰り返す」というわけでしょうか。

    このような状況下にあるにもかかわらず、河野デマ郎代議士のような二重スパイ系「世襲政治家」が偽「ワクチン」を国民に注射しまくるとか、キシブン首相のような「不能首相」が毎日、能面のような顔でマス・コミに登場して無意味な「給付金」の話をするというのは、正に「国難」です。
    こんな国難の状況では、まあ最低でも野党の新人代議士たちくらいは、さっさと本当の「国会」を召集させ、食料配給の制度くらいスタートさせないとなりませんね。
    それすら出来ないようですと、わが国の国会そのものが機能不全となってしまうし、この冬、日本は再び亡国の一歩手前まで行きそうです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment