RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【天皇制の崩壊も間近か?】年収600万円の小室圭が年間家賃660万円の新居に引っ越し 贅沢三昧の新生活に、国民から批判殺到

, …

英紙デイリー・メールは16日、眞子さまと小室圭がマンハッタンの「ヘルズキッチン」というエリアにある、家賃約4800ドル(約55万円)の高級賃貸アパートに住むことになったと報じました。

年間家賃はおよそ660万円で、好立地な上、共用部分にヨガスタジオ、映写室、図書室、ビリヤードルーム、ゴルフシミュレーター、ペットケアセンター、バーベキューができる屋上デッキもあり、かなりラグジュアリーな物件とのことです。

しかし現在の小室圭は、ニューヨーク州の司法試験に落ちてしまったため、年収が600万程度で、とてもこのような高額な家賃を払える状況ではありません。

○【呪われた結婚】小室圭、ニューヨーク州の司法試験に不合格だった可能性が浮上 法律事務所への就職も日本政府の根回しだった疑い

そのため、国民の税金をせしめた眞子さまの貯金から家賃が捻出されるのではないか、とも指摘されており、Yahoo!ニュースのコメント欄にも批判が殺到しています。

また、未だに眞子さま夫婦に国民の税金が流れる仕組みができ上がっているのではないかと疑う声も多く、「身の程を弁えろ」「身の丈に合った生活をしろ」とも批判されています。

これまで皇族たちは、国民の血税を使って贅沢三昧をしてきたわけですが、眞子さまの結婚を機に、国民の多くがその仕組みに疑問を抱き始めています。

つまり、天皇制が国民にとって何の有益ももたらさず、単なる税金の無駄遣いでしかないことに気付きはじめているわけです。

現在、誰を次期天皇にするかという議論が盛んに繰り広げられていますが、このままでは「そもそも天皇など必要ない」という意見も当然のように出てくるかも知れません。

この勢いで天皇制そのものが崩壊し、皇族たち一同がことごとく滅び去ることを心から祈ります。

○天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

○RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。

○日本の歴代首相も天皇もみんな古代ケルトの悪魔教「ドルイド教」の僧侶の末裔です。

○【眞子さま】皇籍離脱に伴う一時金1億5千万円を辞退するも、パラグアイやブラジルから勲章との名目で同額以上の金銭を受領した疑い

○眞子さまの婚約者・小室圭は池田大作と血縁

○【天皇制もいよいよ終わり】眞子さまと小室圭の結婚記者会見に国民から批判殺到 記者からの質疑応答も許されず

○【裁かれる秋篠宮家】眞子さまの祖父・川嶋辰彦が死去

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment