RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【在日かつ創価学会員の矢沢永吉】愛知県のライブでワクチンパスポート提示の実証実験 ネット上では“失望”の声多数

愛知県は29日、ワクチンパスポートや陰性証明書を活用した国の「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験を、11月27日と28日に行われる「矢沢永吉」のコンサートで実施すると発表しました。

コンサートは1日1公演で、最大8000人を収容できる「日本ガイシホール」で開催され、参加者リストの作成や参加者のワクチン接種済み証明書の確認などを行い、主催者が国に報告することになっています。

この報道を受け、ツイッター上では「矢沢永吉に失望した」との声が続々と上がっています。

「矢沢永吉」は本名を「趙永吉」といい、在日韓国人かつ創価信者ですので、コロナ茶番にも積極的に協力しているようです。

○矢沢永吉(ミュージシャン)/本名:趙永吉/在日韓国人

また、矢沢永吉は被爆2世を自称し、極貧生活から成り上がったとのことですが、原爆は存在せず、被爆は単なる爆弾の熱風や薬品による健康被害に過ぎないことがRAPT理論によって解明されています。

○RAPT×読者対談〈第121弾〉清和源氏と日本会議と蝦夷共和国と緑の星。

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

ですから、矢沢永吉は庶民を洗脳するために被爆者を装い、コロナ茶番にまで加担する筋金入りの詐欺師だということです。

このように、矢沢永吉はロックンロールどころか、創価に媚びへつらう下僕に過ぎませんので、失望の声が上がるのも当然のことだと言えます。

このように創価学会に肩入れする極悪人がこの世に存在する限り、コロナ茶番が収束することはありませんので、彼ら創価人脈が一人残らず滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

○デジタル版ワクチンパスポートが、杜撰な国の管理システムによりご破産の危機に

○【実質的なワクチンパスポートの交付】時短営業解除に伴い、都民の税金10億円で立ち上げたコロナワクチン接種キャンペーン「TOKYOワクション」を開始

○【洗脳が進む李家・創価学会の最重要拠点】群馬版ワクチンパスポート「ぐんまワクチン手帳」に16万8千人が登録 一部登録できないトラブルも

○創価人脈こびナビ副代表・峰宗太郎が、ワクチン接種による人口削減のため、電通による宣伝・洗脳工作が必要と4年前にツイートしていたことが発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment