RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【自民党総裁選】岸田文雄はシンガポールの初代首相「李光耀」の親戚、かつJAL123便を撃墜した「九鬼家」の血筋である可能性大!!

自民党総裁選を巡り、ツイッターで批判合戦が繰り広げられる中、候補者の一人である岸田文雄も、日本乗っ取りを推し進める反日議員の一人で、かつ李家や九鬼家の血筋である可能性が高いことが明らかになりました。

以下の画像は、「岸田文雄」とシンガポール初代首相の「李光耀(リー・クアンユー)」の顔を比較したものですが、とてもよく似ています。

https://twitter.com/3_threebeans/status/1436206151058612225?s=20

そして、この「李光耀」は、西武グループを一代で築いた「堤康次郎」にもそっくりだと判明しています。

また、「堤康次郎」は河野太郎の祖父にあたる「河野一郎」にも似ていることから、実は岸田文雄と河野太郎も血がつながっている可能性が高いと言えます。

しかも、それを証明するかのように、岸田文雄は「日中文化交流促進協会」の会長代理に就任している上、2016年の外相時代に中国共産党の「李克強」首相と会談し、中国との関係を深めてきましたので、河野太郎と同じく親中派議員の一人だと言えます。

岸田文雄と李克強

さらに岸田文雄は、13代三田藩主の「九鬼隆義」にも似ていることが判明しています。

https://twitter.com/Zhuyang201704/status/1439852666943770625?s=20

「九鬼隆義」は、「福沢諭吉」と結託し、後に創価学会の工作員養成所となる「慶應義塾」の運営に大きく関わり、李家をはじめとした出雲族の中でも非常に大きな影響力をもっていました。

そして「九鬼家」は、JAL123便を墜落させ、520人もの命を奪った凶悪犯罪を主謀した一族でもあります。

以上のことから、総裁選であまり目立っていない岸田文雄も、やはり日本を貶め、国民を食い物にしてきた李家・九鬼家の血筋である可能性が高いと言えます。

ですから、仮に岸田文雄が自民党の総裁となり、首相となった場合、今以上に李家を優遇し、ますます国民を苦しめる政治を行うことは間違いありません。

このように今回の総裁選の候補者は全員、日本人になりすました“日本人モドキ”に他なりませんので、一人残らず滅び去るように強力お祈りしなければなりません。

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上

○【中国人・河野太郎の二枚舌がひどすぎる】総裁選への出馬表明会見で心にもなく保守系発言を連発し、かえって国民から怒りと不信を買い、墓穴を掘る

○河野太郎はやはり中国人=李家!! 従軍慰安婦問題をめぐる「河野談話」を容認し日本を貶め、靖国神社参拝反対で批判殺到

○【河野太郎は中国人=李家】河野太郎が国民のツイッターアカウントをブロックするのは、根本的に日本人が嫌いだから

○【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

○日本人モドキの河野太郎と高市早苗「ロックダウン」の必要性を訴え、日本経済を破綻させ、中国人=李家による日本乗っ取り加速へ

○【自民党総裁選は中国人のお祭り】夫が元暴力団員の「野田聖子」は、習近平国家主席の隠し子である可能性大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment