RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【嘘コロナによって殺される胎児】濃厚接触者となった妊婦がPCR検査を受けていないことを理由に産婦人科での診察を拒否され、流産

三重県四日市市で8月、コロナに感染した夫の濃厚接触者と認定された20歳代の妊婦が、PCR検査を受けていないことを理由に産婦人科で診察を拒否され、流産していたことが明らかになりました。

県によると、8月20日に夫の感染が分かり、妊婦の妻も濃厚接触者と見なされましたが、無症状だったことから、市保健所のPCR検査を受けられなかったそうです。

妊婦は当時、妊娠15週目で不安定な時期だったことから24日に腹痛や出血を起こし、産婦人科の受診を希望しましたが、拒否されたため、翌25日に受診できるようにPCR検査を受けたものの、直後に流産してしまったとのことです。

お腹の子供を守るために受けたPCR検査の結果は、陰性だったそうです。

ここ最近、コロナ茶番のせいでまともに診療すら受けられず、胎児が犠牲になるケースが確認されています。

今回、流産した女性も、コロナ茶番さえなければ、早急に産婦人科を受診し、胎児の一命を取り留めることができたかも知れません。

このように妊婦がすぐに受診できないようにして、胎児の命を危険に晒しているのも、人口削減計画の一環なのでしょう。

○【医者の信用失墜】日本産科婦人科学会が妊婦へのワクチン接種を推奨 妊婦と胎児の大量殺戮を目論む

○厚労省が妊婦もコロナワクチンを接種できると騙し、妊婦と胎児の殺戮を促す

○厚労省が各自治体に向け、コロナワクチンを妊婦に優先接種するよう通達、母子ともども殺戮して早急な人口削減を謀る

「コロナは存在しない」という事実を知らないことで、自分だけでなく家族やこれから生まれてくる子供までも不幸にしてしまいますので、私たちが真実をこの世に広く知らしめ、できるだけ多くの尊い命を守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment