RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

世界各地の豪雨・洪水はおおよそ自然災害ではない 人工降雨の技術は世界各国で既に確立されている

連日、日本各地で豪雨による災害などが発生していますが、こうした異常気象が人工的に作り出されていることは、もう既に多くの人々の知るところとなっています。

現在、世界中で人工降雨の研究が行われていますが、実は日本でもこの研究が行われており、過去にはマスコミがこの研究について堂々と報道したこともありました。

○世界の気候に影響は?中国の人工降雨計画着々 国土の57%で導入へ

○【中国で異常な大規模洪水】死者から角膜を摘出する医療関係者、流れてくる物資を略奪する市民、国も人間性も崩壊

しかもイルミナティは、人工降雨や台風を発生させて、地盤が緩くなったところに人工地震を発生させ、その土地を庶民から強奪するという国家ぐるみの犯罪を犯してきました。

○RAPT×読者対談〈第46弾〉人工地震3.11の目的は、天皇家による福島遷都に向けての土地の強奪。

○ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

今年7月に発生した熱海の土砂崩れも、同じように李家が、庶民から土地を強奪するために引き起こしたものだったことが既に暴かれています。

○【スマートシティ計画】熱海の土砂災害は、土地の強奪のため李家によって計画的に起こされた可能性大

○【やはり熱海は李家に狙われていた】土砂災害の黒幕は、孫正義と小泉一家と竹中平蔵である可能性大

○熱海の土砂災害は、孫正義と菅直人による法改正が元凶であり、創価学会、稲川会、そして小泉一家による完全な人災である

また、中国においては、国家行事などに合わせて政府が天気をコントロールしているため、各地で洪水や豪雨などの異常気象が発生していると指摘する声も上がっています。

このようにイルミナティの勝手な都合のために、世界各国の人々が突然の豪雨や洪水の被害に襲われ、多くの犠牲を強いられているわけです。

人工降雨は単なる陰謀論ではなく、既に実用化されている技術です。

これ以上、イルミナティどもにこの技術が悪用されることのないよう、彼らの滅びを徹底的にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment