RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【日本版エプスタイン島への裁き】直島のシンボル・草間彌生の“かぼちゃ”が台風で流され破損

「日本版エプスタイン島」の一つとされる瀬戸内海の「直島」で9日、芸術家・草間彌生の作品「南瓜」が、台風9号に伴う強い風の影響で飛ばされ、海に流れていたことが分かりました。

このオブジェは、創価企業・ベネッセが所有しており、同社の職員によってオブジェの回収が行われました。

ベネッセは、直島や隣の豊島をはじめとした島々を舞台に、数多くの美術作品を設置し、定期的に美術展などを開催していますが、これらの島々は「日本版エプスタイン島」として機能しており、誘拐された幼児や少女を悪魔への生贄として捧げ、性的虐待や虐殺が行われている可能性が高いことが分かっています。

○【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅡ】竹中平蔵は出口王任三郎の子孫 パソナ島と化した淡路島も、王任三郎の重視する「エプスタイン島」だった

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

このおぞましい島々のシンボルとも言える「かぼちゃ」が海に流され、大きく破損した光景は、まるで今後のベネッセの行く末を暗示しているかのようにも見えます。

ベネッセをはじめとした創価企業が、これまで行ってきた数々の幼児誘拐や少女売春の報いを受け、ことごとく滅び去ることを心から祈り求めます。

〇【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment