RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナは茶番と知っている者の勝ち】政府の自粛要請を無視したグローバルダイニング、売上高9割増の黒字計上

「モンスーンカフェ」などの飲食店を展開するグローバルダイニングが30日、2021年1~6月期決算について、売上高が前年同期比92・3%増の47億円、純利益が5億円の黒字(前年同期は9億円の赤字)となったことを発表しました。

中尾慎太郎CFO(最高財務責任者)は、「(緊急事態)宣言下、まん延防止等重点措置の中でも営業を続けた結果だ」と話し、今後も政府の要請を無視して通常営業していくとのことです。

この日本では政府の要請を無視したとしても、海外のように厳しい処罰を受けるわけではないため、要請を無視することができます。

中尾慎太郎CFOもコロナが茶番に過ぎないことを知っているからこそ、こうして堂々と政府に抵抗することができるのでしょう。

また、都内では既に、我慢の限界に達した飲食店の経営者らが、政府の要請を無視して通常営業するようになりつつあります。

○【都民もコロナ茶番にうんざり】都内飲食店の5割超、時短要請に応じず

○【自公連立の終焉】“西村発言”に飲食店経営者が怒り爆発 ホリエモンらが「自公以外に投票を」と呼びかけ

このように真実を知り、行動することで政府の弾圧に打ち勝つことができますので、マスクを外すなど、どんな小さなことからでも行動に移し、コロナ茶番を一刻も早く終わらせなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment