RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業Googleがコロナワクチン接種を義務化 反抗的な社員の殺戮を計画か?

, …

グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は28日、オフィスへの出社再開の時期を9月から10月18日に延期し、コロナワクチン接種を出社の条件とすることを明らかにしました。

ピチャイCEOは、社員に送った電子メールで「デルタ型(インド型)による感染が広がり、各地で働く社員の多くが出社再開を懸念している」と述べました。

また、多くの社員がすでにワクチン接種を受けていると述べた上で、アメリカでは数週間以内、ほかの地域でも数カ月以内に、オフィスへ出社する社員に対して接種を求めるとしています。

グーグルは創価企業で、ツイッターやフェイスブックと結託してコロナ茶番を煽り、ワクチンの危険性に関する情報をことごとく隠蔽し、削除し、弾圧してきました。

○【言論弾圧の裏側】ワクチンの安全神話を広めたい李家が「ワクチンデマ対策シンポジウム」を開催 フェイスブック・ツイッター・グーグルなども参加 

そのためグーグルは、こうして社内でのワクチン接種を義務化し、今後もさらにコロナ茶番を煽らなければならないわけですが、せっかく集めた優秀な社員が、ワクチンの副作用によって死亡したらどうするつもりなのでしょうか。

グーグルでは、かねてより社員と経営陣との確執が続いていると言われていますが、経営陣の方針におとなしく従う社員には、接種を受けなくて済むように取り計らい、反抗的な社員には、ワクチン接種を義務付け、殺戮しようとしているのかも知れません。

○【創価企業Googleの終焉】幹部社員36人(全体の10分の1)がトップに反発し退職

実際に創価学会は、自分の都合の悪い人間たちを“仏敵”と見なし、平気で殺してしまうようなカルト集団です。

〇創価学会の凶悪犯罪者リスト!

このような悪徳企業が世界的な影響力を持ち、膨大な情報をコントロールしている現状は、私たち庶民にとって大変危険ですので、一刻も早く彼らが滅び去るよう、強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment