【薬害】ヨーロッパ各国の超過死亡者数が20%以上に ドイツは36% そんな中、日本では5月から高齢者を対象にコロナワクチン6回目接種を開始

【薬害】ヨーロッパ各国の超過死亡者数が20%以上に ドイツは36% そんな中、日本では5月から高齢者を対象にコロナワクチン6回目接種を開始

欧州各国における2022年12月の死亡者数が、コロナワクチン接種を開始する以前の2016年〜2019年の平均死亡者数と比較し、軒並み20%以上超過していることが明らかになりました。

以下の表によると、オーストリア(27%)、スロベニア(26%)、アイルランドとフランス(ともに25%)、チェコ、オランダ、エストニア(いずれも23%)、デンマーク(22%)、フィンランドとリトアニア(ともに21%)の10カ国で超過死亡が20%以上増加、ドイツに至っては36%も増加しています。

一方、ワクチン接種がほとんど進まなかったブルガリアやルーマニアは死亡者数が例年に比べ、6%減っています。

コロナワクチンは、全世界の人口を削減するために開発されたことが、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の関係者によって暴露され、今や多くの人々が接種を推進した各国政府や医師らに怒りの声を上げています。

○コロナワクチンは人類を“不妊化”するための中絶薬 ゲイツ財団の関係者が認める

一方、日本政府は、人々の間でワクチンの危険性が広く知れ渡ったにもかかわらず、5月から高齢者を対象とした6回目の接種を実施すると発表しました。

卑劣な殺戮を繰り返す悪人たちが厳正に裁かれ、これ以上コロナワクチン接種による被害が出ないことを心から祈ります。

○【人口動態統計速報】2022年の死亡数が戦後最多の158万2033人に達する 前年より12万9744人増「コロナワクチンの影響だろう」と指摘する声が殺到

○【アメリカ上院議員の訴え】コロナワクチン接種後の月経異常・不妊・流産・胎児死亡・奇形児が、インフルエンザワクチン接種後より1200倍も多いことが判明

○コロナワクチン接種開始から、カナダ人医師132人が死亡していることが判明 2022年の死亡率は2019年の1.5倍

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment