RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

河野太郎が年代別のワクチン接種率を初めて公表 2回接種を済ませた20代、30代の接種率はたった3割だったことが判明

河野太郎ワクチン担当大臣は24日の閣議後会見で、年代別の接種率を初めて公表し、2回接種を済ませた20代、30代の接種率が22日時点でそれぞれたったの3割程度だったと明かしました。

また、これまで大学や職場、大規模会場での集団接種を実施してきたにもかかわらず、3回目の接種については各自治体での接種になるとの消極的な見通しを示しました。

政府は、全人口のうち約半分が2回目の接種を完了したと自慢げに発表していましたが、その大半が65歳以上の高齢者で、中には痴呆症になったり、意識のない寝たきりの人たちも含まれています。

しかし、若者たちの多くはワクチンの危険性に早くから気付き、接種を拒否してきたということが、今回の発表で明らかになりました。

これまで政府が若者の接種率を明かさなかったのも、このように余りに低い数値だったからに違いありません。

そもそも、この「3割程度」という情報も、正しいかどうか信用できませんし、水増しされている可能性も十分にあります。

河野太郎は、家族揃って中国とズブズブの関係であり、人権すら無視して暴利を貪る極悪人だということがバレてしまった上、人口削減計画のトップだったビル・ゲイツにも死刑判決が下り、擁護してくれる人を完全に失いました。

○河野太郎が、中国人によるウイグル人権侵害行為(大量虐殺・拷問・強制労働・臓器狩り・人身売買etc..)を公に容認

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

ですから、今後どんなに河野太郎が3回目の接種を促したところで、誰も彼の言うことに聞き従うことはないでしょう。

このように一人一人の情報拡散によって多くの尊い命が守られていますので、これからも続けて一人一人が正しい情報を根気強く発信していかなければなりません。

○【郡馬人脈】尾身茂が「コロナ病床確保支援金」を悪用して132億円の税金をせしめ、若者のためにインスタグラムを始めるも大炎上

○【渋谷】ワクチン接種会場の行列はエキストラだった!! 接種会場に並び接種を受けるフリをするバイトを募集

○【河野太郎の下僕】こびナビ・木下喬弘が国外逃亡か? コロナ禍以前に住んでいたボストンへ ますます広がるビル・ゲイツ有罪判決の影響

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment