RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家のオワコン芸人】日本中から嫌われた嘘つきYouTuberこと「中田敦彦」、自身が感じるイライラに誰も共感してくれず、むしろ批判殺到

芸人の中田敦彦が、ビジネスバラエティメディア「R25」のインタビューで、「どんなときに仕事でイライラ(モヤモヤ)しやすいですか?」との質問に対し私見を述べていますが、誰からも共感されず、むしろ猛批判を浴びています。

そもそも、中田敦彦がどんなときにイライラするかなど、庶民にとってはどうでもいいことですし、ただの嘘つきの私見を、一体誰が参考にしたいと思うのでしょうか。

これまで中田敦彦は、自身のYouTubeチャンネルの動画を通して、嘘の情報を数多く垂れ流し、多くの視聴者を騙し、洗脳してきました。

そのため、今では「嘘つきYouTuber」として多くの国民から嫌われるハメになり、なおかつ創価人脈で李家の反日テロリストの子孫であることまで暴かれたため、シンガポールに逃亡しなければならない事態となってしまいました。

○【李家】中田敦彦シンガポールに逃亡するも、早くも「日本に帰りたい」と泣き言 ネット上では「戻ってくるな」と非難囂々

○【やはり李家】中田敦彦は、昭和天皇暗殺を企てた韓国人テロリスト「李奉昌」の血筋である可能性大

○【嘘つきは中田のはじまり】日本国民から嫌われてシンガポールに逃亡するも、現地人から嫌われて苦情が殺到する中田敦彦・福田萌夫妻

ですので、彼が今さら庶民から共感を得ようとして足掻いたところで、全てが無駄な足掻きに終わるだけでしょう。

また、今回のインタビューに対する中田敦彦の返答も支離滅裂で、精神に異常をきたしていることが一層明白になった上、このような記事を掲載することで庶民の共感を得られると思っている時点で、創価学会や李家の知能がどれほど低下しているかがよく分かります。

これまで中田敦彦は、創価学会や李家のバックアップによって成功しているかのように装うことができていましたが、「中田敦彦は嘘つき」と全国民から知られてしまった以上、今後、二度と芸能界に返り咲くことはできないでしょう。

このように創価学会に与して悪事を働く者どもは皆、必ず化けの皮が剥がされてオワコンと化していく運命にあるのです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment