RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価野球チーム・日ハムのコンプライアンスの低さが露呈 公式ツイッターの動画に差別発言があったとして物議を醸す

北海道日本ハムファイターズは、中田翔選手の暴行問題を受け、他の選手たちの言動にも注目が集まったことで、過去に差別発言があったことが明らかになりました。

以下の動画では、コンゴ出身の父を持つ万波中正選手に対し、チームメイトとみられる人物が「日サロ行きすぎだろお前」と発言しており、黒人に対する差別発言ではないかとして、物議を醸しています。

日ハムは、創価学会とズブズブの関係であり、監督の栗山英樹も創価高校出身で、社長の大社義規も創価学会員であることが知られていますが、創価学会では気に入らない人物を“仏敵”と見なし、集団でいじめや嫌がらせを頻繁に行っていることが発覚しています。

○【創価野球チーム】日ハムで10人がコロナに感染 試合中止へ

○大津市中2いじめ自殺事件に関与していたのも創価学会だった!!

○【集団ストーカー】社員を常に監視 創価企業ANAの実態

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

先日起きた中田翔選手による暴力騒動も、チーム内の創価信者たちが中田選手をわざと怒らせ、暴力を振るうよう誘導した可能性があると述べましたが、日ハムでは立場の弱い選手たちが、創価学会の選手から日常的に差別や嫌がらせを受けている可能性があります。

○【日ハムは創価野球チーム】日ハム・中田翔、創価信者に暴力を振るうよう誘導された可能性大

今や創価学会のモラルの低さは日本国民のほぼ全員が知るところとなっていますが、これ以上、創価学会による被害者が出てくることのないよう、一刻も早く創価学会が滅びることを心から祈るばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment