RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【日ハムは創価野球チーム】日ハム・中田翔、創価信者に暴力を振るうよう誘導された可能性大

日本ハムの中田選手が4日、函館千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)で行われたエキシビションマッチ・DeNA戦の開始前、同チームの選手に対し、暴力をふるっていたことが明らかになり、問題となっています。

球団は暴力を受けた選手から、本件を大事にしたくない旨の申告があったこと、中田選手が深く反省していることの諸事情を踏まえても、統一契約書第17条に違反し、野球協約第60条(1)の規定に該当するものと認定したため、中田選手に対して、当面の間、1軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を通達したとのことです。

中田選手はかねてより、同僚や後輩をイジって笑いを取ることで知られており、今回の暴力沙汰もその延長線上の出来事だったと言われていますが、中田選手特有のイジリ方に日頃からストレスを感じていた選手たちの不満が爆発し、それに対して中田がブチ切れ、暴力沙汰になったとも言われています。

○日本ハム・中田翔〝暴行の顛末〟後輩たちの不満は爆発寸前だった…

日ハムはかねてより“創価野球チーム”として有名で、監督の栗山英樹も創価高校出身ですし、社長の大社義規も創価学会員として知られています。(そして、このような内容が書かれたヤフー知恵袋が、この数時間のうちに全て削除されました。)

○【創価野球チーム】日ハムで10人がコロナに感染 試合中止へ

そのため、日ハム内では当たり前のように創価信者の選手が優遇される仕組みとなっており、実際に日ハムは何人もの創価大卒生をレギュラーとして抜擢しています。

(これら全ての知恵袋の記事が、この数時間のうちに削除されました)

〇活躍するOBの紹介 | 野球部について | 創価大学硬式野球部

中田選手はそのような現状を目の当たりにし、常に創価信者に囲まれて不条理な思いをしてきたため、腹が立ってついに手が出てしまったのかも知れません。

あるいは、中田選手に不満を抱いていた創価信者の選手たちが、集団ストーカーのように連携し、中田をわざと怒らせ、暴行するように誘導した疑いもあります。

実際、気に入らない社員を標的にした、集団ストーカーや日常的な嫌がらせ行為が、創価企業内部では横行しています。

そしてターゲットにされた社員は、精神的に追い詰められ、最終的に仕事を辞めざるを得ない状況に追い詰められています。

○組織ぐるみで集団ストーカーをする創価企業「パナソニック」の卑劣な実態

○【集団ストーカー】社員を常に監視 創価企業ANAの実態

○集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

○集団ストーカーの実態 やはりストーカーの正体は、“没落”上級国民か?

このように創価学会は存在しているだけで害となりますので、一刻も早く滅び去ることを心から願うばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment