RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【田布施人脈】明石家さんま、「やっぱりコロナワクチン打つことにした」と噓をつき人口削減を活性化

明石家さんまは、5月にコロナワクチンについて「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたい」と明言していましたが、今月16日にその意向を一転させ、「やっぱり打つことにした」と明らかにしました。

○【田布施人脈】明石家さんま、「ワクチンは一度も打ったことがない」「コロナワクチンは打たない」と明言

明石家さんまがワクチン接種を受けないと発言したことで、医療関係者たちが人口削減の妨げになるとして「余計なことを言わないでほしい」と、不快感を示していました。

○明石家さんま“俺はワクチン打たない”に医療関係者が不快感…

実際、「さんまが打たないなら自分も打たない」という人たちが続出し、「俺が打たないなら私も打たない、というのはやめたほうがいい。ワクチンはちゃんと打ったほうがいいと思いますよ」と、さんま自身が注意を促す事態にもなりました。

そして現在、多くの人々がワクチンの危険性を理解し、ワクチン接種を拒むようになったため、その状況を打開し、人口削減を促進させるためにも、さんまが今さらのように「やっぱり打つことにした」と発言したのでしょう。

もっとも、さんまは安倍晋三や小泉純一郎と同じ田布施人脈ですから、ワクチンの危険性は十分に理解しており、今後もワクチンを接種することは絶対にないでしょう。

実際、さんまはワクチン接種を受けると発言しただけで、まだ受けたわけではありませんし、今後も打ったフリを装うだけに違いありません。

ワクチンが不足していると報道される中でも、イルミナティどもはこうして有名人を使って人口削減を促進させようとしていますので、彼らの言動に騙されることのないよう、十分に注意しなければなりません。

○【李家かつ群馬人脈によるプロパガンダ】コロナは大したことがないから経済を回せと主張する堀江貴文が、コロナワクチンを接種して庶民に安全性をアピール

○菅政権の売国三本柱の一人、三浦瑠麗がコロナワクチン接種を受けたフリをして庶民に安全性をアピール

○コロナワクチン開発の第一人者ファイザーCEO「自分のような健康な人にはワクチン接種は勧められない」と語る

コメントを書く

*
*
* (公開されません)