RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業ホリプロ】深田恭子の適応障害は、創価学会が原因である可能性大

女優の深田恭子は26日、「適応障害」と診断されたため、当面の間、芸能活動を休止すると発表しました。

深田恭子は、活動休止に至る前から急激に痩せ細り、休止を発表する2日前に「午後の紅茶」の新商品・新プロジェクト発表の記者会見に出演した際も、浮かない表情で、動作も遅く、声はかすれ、口に運ぼうとしたイチゴを落とすアクシデントまであったそうです。

左の画像は昨年夏の画像で、右の画像は午後の紅茶のイベントに出演した際の深田恭子ですが、たった一年で別人のようにやつれ果てているのが一目で分かります。

彼女が適用障害になった理由として、各マスコミは「交際相手の男性と結婚話が進まない」ことなどを挙げていますが、実際のところは、彼女が創価学会と密接につながっていることが最大の理由だと考えられます。

深田恭子は、13歳でデビューし、15歳でドラマのヒロインに抜擢されて以来、石原さとみ、綾瀬はるかと共に「ホリプロ三人娘」として売れっ子女優の地位を維持しつづけてきました。

創価企業の代表格とも言えるホリプロは、数多くの創価芸能人を抱え、芸能界で大きな影響を及ぼしてきました。

深田恭子が約25年間もの間、創価企業のホリプロから強力にバックアップを受け、売れっ子として維持しつづけるためには、石原さとみ同様、創価学会とズブズブの関係を築く必要があったことは間違いありません。

しかも今回、深田恭子は「適用障害」と診断されたわけですが、この病名は、創価信者が精神に異常を来したときに、「創価学会が原因」だということを隠蔽するために作られた名称だとも言われています。

「適用障害」という言葉が頻繁に用いられるようになったのは、2004年に当時皇太子妃だった雅子さまが罹患したことがきっかけです。

雅子さまは、池田大作の隠し子であり、かつ福田赳夫の孫で創価学会や群馬人脈と切っても切れない関係にあることを過去の記事で述べましたが、彼女も精神に異常をきたし、長い間、公の場に出られなくなった時期がありました。

○皇后雅子さまは、池田大作の娘であり、福田赳夫の孫だった!!

○【皇后雅子の親戚】江頭2:50突然の活動休止 創価芸人への裁きか

そんな雅子さまの症状を「適用障害」だと診断した主治医は、「大野裕」という精神科医で、慶應出身の創価信者です。

つまり「適用障害」という言葉を流行らせたのも、創価学会だったということです。

実際、精神科で勤務したことのある医師や看護師の間では、精神病患者の大半が創価信者であることは有名な話です。

精神科の患者たちは皆「勤行唱題(創価学会の祈り)」をしているうちに気が狂い、入院を余儀なくされた人たちばかりで、昭和30年代から平成に入るまでは、特にその種の患者が後を経たず、どの精神科医も創価信者で溢れていたそうです。

また入院後も、創価信者が「勤行唱題」を行い、突然、狂って暴れ出すことが多発していました。

その際には、男性看護師が多数で患者を取り押さえ、鎮静剤を注射して、やっとのことで異常行動を鎮めていたそうですが、こういったエピソードからも、創価学会がどれほど危険な宗教であるかが分かります。

このような出来事は、昭和の週刊誌には頻繁に取り上げられていたようですが、創価学会がその都度、週刊誌に対して訴訟を起こし、情報弾圧を繰り返したため、今ではすっかりマスコミも取り上げなくなってしまいました。

○衝撃!現役創価学会員(精神科医師)の内部告発!  

このように、創価学会の思想に触れた人たちは、次々と精神が破壊し、最悪、自殺するケースもあるほどです。

創価芸能人たちも、表に出さないだけで、地獄の苦しみに耐え忍びながら仕事をしていることは間違いありません。

今回の深田恭子のケースは、「創価学会に関わるとこうなる」という分かりやすい一つの事例だと言えます。

ちなみに、適用障害の特徴は、精神異常をきたした原因を取り除きさえすれば、回復する可能性が高いそうですので、この世から創価学会がなくなれば、多くの精神病患者が回復に向かう可能性は大いにあると言えます。

創価学会によって恩恵を受けた人よりも、害悪を受けた人の方が遥かに多いのですから、このような危険なカルト宗教が一刻も早く滅び去るように、皆で心一つにしてお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)