RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

皇后雅子さまは、池田大作の娘であり、福田赳夫の孫だった!!

皇后雅子さまが、池田大作の隠し子である、ということは昔からよく言われてきました。

ネットを検索しても、すぐに以下のような情報が出てきます。

○Discover The Truth 皇后雅子様 ✕ 池田大作

しかしこの話は、雅子が池田の隠し子である、という単純な話ではなく、そこにはもっと深い闇が隠されていました。

まず雅子は、小和田恆と江頭優美子の間に生まれた子供だと言われていますが、実際は、池田大作と江頭優美子の間に生まれた子供である、というのが真実です。

イルミナティは、乱行して多くの子供を生んでいましたが、どんな人でもイルミナティの子を生めるというわけではありません。

彼らイルミナティは、血筋を非常に重要視するため、子を産み落とす女の血筋も重要になってきます。

では、皇后雅子を産んだ由美子は、一体何者なのでしょうか。

実は「福田赳夫」の隠し子だという噂があるのです。

つまり福田赳夫は、自身の隠し子である優美子を密かに養子に出し、江頭家で生まれた娘であるかように偽装したわけです。

そしてその優美子は、小和田恆と結婚することになりましたが、その際、愛人関係にあった池田大作と子作りをして雅子を生ませたのです。

このことについては、こちらのInstagramでも詳しくお話しています。

優美子と小和田恆の関係を仲介したのは福田赳夫でした。

福田赳夫は自分の秘書官であった小和田恆となら、娘の優美子を結婚させてもよいと思ったのでしょう。

しかも福田赳夫は、二人の間に生まれた雅子を溺愛していたらしく、「雅子ちゃんを絶対に皇太子妃にする!」と周りの人たちに豪語していたそうです。

ただの秘書官の子供をそこまで溺愛するものでしょうか。

しかし、優美子が福田赳夫の娘で、雅子がその孫であったのであれば、福田赳夫がこれほどまでに雅子に入れ込んでいた理由が理解できます。

また、福田赳夫には息子の福田康夫がいますが、彼と優美子の顔を比較すると、兄妹のようにとてもよく似ています。

これらのことから、やはり優美子が福田赳夫の娘である可能性はかなり高いと言えます。

しかも、噂によると、優美子は精神科に通院していたそうです。

政略結婚させられ、挙句、夫とは別の好きでもない相手の子を産んだのであれば、正常な精神を保っていられるはずもありません。

○東宮のこわい噂話

また優美子は、娘の雅子が皇太子と婚約する際、「福」の字が大きく描かれている帯を締めていました。

優美子が「福」の字が入った帯をしていたのは一体なぜなのか、ということについて、ネット上で色々と噂されていますが、その真相は、優美子が福田赳夫の娘だったからというオチです。

このように皇后雅子には、間違いなく福田赳夫と池田大作の血が流れています。

また、福田赳夫は韓国初代大統領の李承晩にそっくりで、福田家は李家の血筋であるということも分かっています。

李家のシンボルカラーは黄色ですが、雅子がここぞというときに、いつも黄色い服を着ているのは、彼女が李家の血筋だからでしょう。

そもそも、天皇家ももともとは李家の血筋ですから、徳仁と雅子の結婚はまさに李家同士の結婚だったということになります。

李家の連中は、いつもこのように庶民の目をくらませながら、密かに自分たちの支配体制を固めてきたのです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)