RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナだけではない】こんなにあった! 日本の薬害 その背後に731部隊(岸信介=李家)の影

現在、コロナワクチンの副反応によって日本でも既に数万人の死者が出ている可能性が高いことが分かってきましたが、過去にも様々な毒薬により日本人の人口削減が実行されてきました。

○【コロナワクチンの健康被害】 新たに81人の救済認定 その裏で5万人がワクチン接種によって死亡している可能性大

以下は、過去に発生した薬害と被害者数を表にしたものです。

この表を見ると、死者はもちろんのこと、多くの人が重篤な障害を負ったり、奇形児が生まれたりして、現在、公になっているコロナワクチンの被害規模に匹敵、あるいはそれを超える規模であることが分かります。

しかも、大きく取り上げられた薬害はほんの一部であって、現在でも多くの人々が認知症薬によって廃人になったり、子宮頸がんワクチンによって重篤な障害を負ったりしています。

○「薬害・廃人症候群」を知っていますか?

○【さらなる人口削減へ】厚労省が3回目のコロナワクチン接種に加え、子宮頸がんワクチンを積極的に勧奨する方針を表明

こうした薬害を引き起こす“毒物”を承認したのは、厚労省に他ならず、その背後にいる創価学会が「薬害テロ」の犯人だと言えます。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○【安倍友】富士フィルム 小森重隆退任

○【創価とズブズブの医薬品医療機器総合機構】コロナワクチンの治験評価を大幅に簡素化し、国産ワクチンでの人口削減を目論む

日本の製薬会社の基礎を築いたのは、岸信介の指揮下にあった「731部隊」であり、彼らは数千人に上る人体実験を行い、細菌や毒物や拷問などで人々がどのように苦しみ、死んでいくのかを研究していました。

そして今でも、「731部隊」の残党よってコロナ茶番が実行され、1人でも多くの国民にワクチンを接種して殺戮しようとしています。

○水俣病、アスベスト問題、薬害エイズも、コロナと同じ人口削減計画だった

創価学会と李家はこうして人口削減を実行し、庶民を支配している気になっているのでしょうが、今や彼らも著しく衰退し、滅びの一途を辿っていますので、このまま彼らが完全に滅び去るよう、つづけて強力にお祈りしなければなりません。

【創価学会もいよいよ終了】“創価学会・公明党のプリンス”と呼ばれた太田昭宏前代表ら同党所属議員8人が引退表明

【神様の裁き】中国「恒大集団」の株価急落により、李嘉誠ら香港の不動産王4人の資産価値が1日で約7300億円吹き飛ぶ

【中国経済の崩壊は時間の問題】不動産業界が抱える負債総額561兆円 さらに数千億円規模の簿外債務も

堀江貴文の自己啓発本が売れ行き低迷 過去の内容を何度も焼き直し、ファンからも飽きられ、創価・李家の洗脳装置としての役割にも終止符

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment