RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アウンサン・スーチーの正体】麻薬と人身売買で荒稼ぎし、ミャンマーを乗っ取ろうとしていた李家の工作員だった!!

, …

ミャンマーで今年2月に行われた軍のクーデターにより、アウンサン・スーチー国家顧問が拘束されましたが、この軍事クーデターは、アウンサン・スーチーの麻薬売買及び人身売買を取り締まるために起こされたものだったと判明しました。

以下の動画では、アウンサン・スーチーの正体について述べられており、スーチーは世界の麻薬市場の80%を握り、ジョージ・ソロス、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントンなどと結託して大規模な人身売買を行なっていたとのことです。

オバマとヒラリーと手を繋ぐアウンサン・スーチー

実際に米政府は、2016年のアウン・サン・スー・チー政権下で、人身売買防止の取り組みが行われていないとして、「人身売買に対する取り組み不足が懸念される国のリスト」において、最低評価の「ティア3」に格付けしています。

○訂正:米、人身売買問題でミャンマーを「最悪」国に格下げ

そして、彼女の人身売買の資金元はジョージ・ソロスであるとのことですが、ソロスといえば、人身売買を組織的に行なってきたビル・ゲイツやアンソニー・ファウチなどと蜜月関係にあります。

https://twitter.com/okamobius/status/1436549500986818568?s=20

さらに、スーチーは公明党の山口代表や麻生太郎とも密接に繋がっており、麻生太郎の関係者もスーチーについて「アウンサン・スーチーは人身売買をやっていた。それでカネをつくっていた。ロクな人間じゃない」と証言しています。

○アウンサンスーチーは、未成年者人身売買の元締めだった。だから軍がクーデターを起こした。いまのような時期にクーデターを起こせば、ミャンマーへの援助は全てストップされてしまう。しかし、止まっていない。

そんなスーチーですが、彼女は「李 海瑗(イ・ヘウォン)」なる李氏朝鮮の旧王族の一人にそっくりであることが判明しています。

○Wikipedia-李海瑗

ですから、スーチーもやはり李家の血筋である可能性が高いと言えます。

左:李 海瑗  右:アウンサン・スーチー

この日本では、ミャンマーでクーデターを起こした軍が悪者で、スーチーが善人であるかのように報道されていますが、こういった報道はすべて李家による印象操作だったということです。

このように李家どもは、日本だけでなく、世界各国に寄生して乗っ取り、国民を食い物にして文字通り生き血を啜りながら跋扈しています。

私たちはRAPT理論を通して李家の正体をはっきりと知ったわけですから、より一層強力に李家の滅びをお祈りしなければなりません。

○【軍事法廷】ビル・ゲイツによる幼児誘拐・人身売買・少女殺害・レイプなどの凶悪犯罪の数々が明らかに ファイザーと結託した大量虐殺計画の証拠も提示される

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

○ハイチでM7.2の大地震発生 イルミナティによる人口削減、地下資源の掌握、幼児誘拐が目的である可能性大

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment