RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【壮大な人体実験】ワクチン接種後に85人死亡 厚労省「現時点で重大な懸念はない」

厚生労働省は26日、ファイザー製のコロナワクチン接種を受けた601万6200人のうち、これまでに57人の死亡を確認したと発表しました。

死亡した人は、25歳から90歳の男女で、死因は出血性の脳卒中や心不全などが多く、ファイザー製以外のコロナワクチンによる死者を含めると、合計で85人に上るとのことです。

しかし、厚労省の有識者検討会は、情報不足などを理由に、いずれの死もワクチンとの関連性を認めようとせず、現時点ではワクチン接種に重大な懸念点はないとしています。

政府は、ワクチン接種後に死亡するようなことがあれば、一時金として4420万円を支払うと公言しておきながら、85人の死亡はワクチンとは関係ないと一方的に決めつけ、一切の補償をしようとしません。

○創価とズブズブの厚労省「ワクチン接種で死亡したら4420万円支払う」と嘘をつく

現在、日本では主にファイザー製のワクチンが使われていますが、同社のワクチンの治験が完了するのは、2023年1月31日だと言われています。

つまり、まだ治験が終わっていないワクチンを、庶民に次々と打っているわけで、これでは当然、重篤な症状が現れたり、死亡したりしても全く不思議ではありません。

https://twitter.com/andmmk0311/status/1397558378348507141?s=21

ある意味、治験の終わっていないワクチンを庶民に打つこと自体が、製薬会社にとっては“治験”であり、壮大な人体実験だと言えます。

彼らは私たち庶民のことを、実験動物のようにしか思っていないということです。

後になって後悔することのないように、私たちは政府の言うことは一切無視し、ワクチン接種を絶対に拒否しなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment