RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

死亡したはずのビル・ゲイツ「コロナはインフルエンザ同様に扱われるようになる」「ワクチンは今後何年も必要」とイルミナティの計画を明かす

, …

ビル・ゲイツは1月11日、ツイッター上のQ&Aセッションの中でコロナウイルスの今後の流行について予想し、オミクロンの感染拡大後、最終的に季節性のインフルエンザと同様に扱われるようになると述べました。

その一方で、全米での感染者急増を受け、「米国はパンデミックの最悪の時期に入ったかもしれない」と述べ、感染の波が3月くらいまで続くとも予測しています。

そして、このような状況を踏まえ、パンデミックを終息させるためには再感染を防ぐためのワクチンが必要で、何年もの間、人々に接種させていくことが重要だと述べました。

また、オミクロン株よりも感染力の高い変異株が出現する可能性について、ゲイツは「ない」とはっきりと否定したようです。

このようにビル・ゲイツは、まるで未来を見てきたかのように語っているわけですが、これも全て予測などではなく、イルミナティの立てた計画をそのまま語っているに過ぎません。

もっとも、イルミナティたちは当初、オミクロン以降も次々と変異株を登場させて、コロナ茶番を盛り上げるつもりでいましたが、早い段階で「コロナは茶番」であることが全世界に知れ渡ったため、計画を変更せざるを得なくなったのでしょう。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

そもそも、ビル・ゲイツはもう既に米軍によって死刑に処せられたことが分かっていますので、今こうして登場しているビル・ゲイツもただの影武者であり、彼を輩出した出雲族(李家・創価人脈)の操り人形に過ぎません。

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

彼らは今後も、生まれてまもない子供たちからお年寄りまで、全ての人にコロナワクチンを接種して病気に罹らせ、殺戮しようと悪あがきしていますので、コロナ茶番に関与する全ての悪人たちが一人残らず滅び去るよう、強力にお祈りしなければなりません。

○「コロナワクチンに関するファイザー社の情報公開は2096年までかかる」と主張するFDAに対し、連邦裁判所が公開を100倍以上早めるよう命じる

○【創価企業ファイザーの悪あがき】コロナ茶番を2024年まで延長すると発表

○トランプ前大統領の父親フレッドは熱心な創価信者だった!! 息子のドナルドは「反ワクチン派」を創価に取り込むためのマッチポンプ要員か

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment