RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【上級国民の運命】池田大作の血縁「出川哲朗」が父親も祖父も58歳で死亡したと公表、自身も今年58歳を迎えて死の恐怖に怯える

来月の2月13日に58歳を迎える出川哲朗ですが、2日に放送された『世界の果てまでイッテQ!新春SP』で自身の親族の多くが58歳で死亡していることを明かしました。

出川は、番組の企画で沖縄本島の南西400~500kmに位置する八重山諸島を訪れ、石垣島の屋良部岳頂上の断崖絶壁で「俺の親父は58歳で死んだ!」とし、さらに「おじいちゃんも58で死んだ! 出川家の家系はみんな58で死んでいる!」「俺は今年で58! 絶対生きてやる!」と声を枯らしながら今年の抱負を叫んだそうです。

また、昨年末の30日深夜に放送された「ナインティナインのオールナイトニッポン」に出演した際も、「リミットなんだよ…俺怖いんだよ、ほんとに。親父もおじいちゃんも58歳で…出川家の男家系は」「最初は鼻で笑ってたけど、カウントダウンし始めて…まさか来年58歳になっちゃうんだよ!死にたくないんだよ…もうちょっと生きたい」と本音を漏らしました。

過去の記事でも述べましたが、イルミナティに属する人たちは、繁栄と引き換えに自身の死ぬ日が定められていることが分かっています。

○【死亡確定】小池百合子、先月20日からツイッターを一切更新せず 6月20日は小池そっくりの嵯峨浩の命日

○【神田沙也加がホテルで転落死】自殺と見せかけて悪魔崇拝の生贄として殺害された可能性大

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

そして出川哲朗は、創価学会の池田大作の血縁であり、大伯父に八幡製鐵の初代社長を務めた「三鬼隆」、曾祖父に実業家・政治家の「三鬼鑑太郎」、母方の遠戚に女優の「原節」がいるという“超”上級国民です。

○【池田大作の血筋】出川哲朗が反撃!! マリエの「暴露本」オファーが白紙撤回

ですから、出川一族の間でも繁栄を手にした代価として、58歳で死なねばならないしきたりがあるのかも知れません。

しかも、あちこちで死の恐怖を漏らしているということは、常日頃から死の恐怖に怯えて生活しているということでしょう。

このように上級国民たちは、私たちの見えないところで地獄のような思いを抱いていながら、テレビの前では常にニコニコと平然を装っているわけです。

創価学会の庇護を受け、その悪事に加担してきた者たちが一人残らず裁かれますことを心から祈ります。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○【お知らせ】動画『【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇』がYouTube上で削除されましたので、改めて動画をブログ上にアップいたしました

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment