RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ビビアン・スーが、子宮の腫瘍や不正出血で緊急入院&手術 既にコロナワクチン2回接種済み

台湾人タレントのビビアン・スーが18日に自身のインスタグラムを更新し、入院したことを明らかにしました。

ビビアンは手術着を着て横たわる様子や、点滴を受ける様子などをアップし、「子宮の腫瘍が大きくなりすぎて、月経のない時期に何日も大量の出血が続き、ヘモグロビンや鉄分の値が低下して失神の危険があったため、緊急入院することになりました。先生はとても優秀で、すべてに気を配り、すべてが安定しています。心配してくれた友人、家族、ファンの皆さんに感謝します。そして、鉄Vは鉄分不足...手術後に鉄分を摂取しています」などと説明しました。

ビビアンは、7月時点で既に2回目の接種を終えており、「今日、ワクチン接種の後にめまいがして、家に帰って手を洗う時に洗面台に頭をぶつけてしまいました それ以来、ベッドで横になっています」などと報告していました。

○ビビアン・スー、ワクチン2回接種後にふらつき頭部打撲…家のベッドで横になる姿を公開

そのためネット上では、コロナワクチンの副反応によって子宮に腫瘍ができたり、不正出血したりしたのではないかと疑われています。

実際に、これまでにもワクチン接種を受けた多くの女性が不正出血しており、妊婦が流産や死産するケースも多発しています。

○コロナワクチンを接種した妊婦の産んだ子供たちが生後48〜72時間以内に肺出血で次々と死亡 死産・流産も多発

○コロナワクチン接種により、流産のリスクが7〜8倍になるとの論文が発表される

https://twitter.com/megu72133151/status/1458626667941810183?s=21
https://twitter.com/mi_3_uc/status/1460668118196310021?s=21
https://twitter.com/ms_better_half/status/1460919353461723139?s=21

したがって、ビビアンも同じようにコロナワクチンの影響で子宮を患った可能性があります。

ここ最近、「辛い副反応と戦うことが正義」であるかのような風潮が出来上がりつつありますが、どんなに有名人が副反応を患った体験を美談として語り、ワクチン接種を促してきたとしても、絶対に騙されてはいけません。

○コロナワクチンを接種した「スピードワゴン・小沢」原因不明の足の痛み・しびれに「めちゃくちゃ怖い」夜中に痛みで何度も目を覚ます 副反応の疑い

○コロナワクチン接種後の副反応が原因で、トラックドライバーによる事故が多発 接種者の運転能力が著しく低下

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment