RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナワクチン接種義務化による二次災害】NY市で未接種の職員9千人を無給休暇にした結果、ゴミ回収の遅れで悪臭が充満、火事の対応にも遅れ

, …

アメリカ・ニューヨーク市で、市の全職員にコロナワクチンの接種義務が課されましたが、この方針に従わない警察官や消防士を含むおよそ9000人が無給休暇の扱いとなったため、市民の生活を脅かす事態となっています。

デブラシオ市長は「行政サービスに支障はない」と強調しましたが、ゴミの回収業務にすでに遅れが生じています。

ある歩道にはゴミが堆く積み上げられており、周辺はマスクをしていても分かるほどの異臭が漂っているとのことです。

また、消防士も不足してしまったため、火災や救急搬送への対応に遅れが生じているとのことです。

さらに、地下鉄の運転士や教員の多くもワクチン接種を拒否しているため、市民の生活に重大な支障をきたしているそうです。

○コロナワクチン接種を義務化したNY市で、接種を拒否した地下鉄運転士や教員、医療従事者が大量解雇され都市機能に支障を来す事態に発展

それでもなお、市がワクチン接種の義務化を取りやめないのは、創価学会がNY市を乗っ取ろうとしているからに他なりません。

○【創価企業による乗っ取りが深刻化】ニューヨークでGoogleなどのビックテック企業が次々と不動産を買収

しかし、接種を拒否した市民たちも、自らの命をワクチンの脅威から守るために、大規模なデモを開催し、市に対して強く反発しています。

このようにコロナワクチン接種やワクチンパスポートを義務化することで、イルミナティによる支配が強まるどころか、かえって街全体の機能が著しく低下しているわけです。

この日本でも、同じようにワクチン接種が義務化されれば、NY市の二の舞となってもおかしくありません。

ワクチン接種やワクチンパスポートの義務化に向けた動きが、ことごとく頓挫し、失敗することを心から祈ります。

○デジタル版ワクチンパスポートが、杜撰な国の管理システムによりご破産の危機に

○政府が飲食店・旅行の予約サイトとワクチンパスポートとの連携を見送り アンケートでは95.4%もの人が活用しないと回答

【在日かつ創価学会員の矢沢永吉】愛知県のライブでワクチンパスポート提示の実証実験 ネット上では“失望”の声多数

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment