RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業JAL・ANA今期最終赤字1千億円以上 23年3月期末までに大量リストラし、残った社員はスーパーやパソナに出向の方針

JALは2日、2022年3月期の連結最終損益(国際会計基準)が1460億円の赤字(前期は2866億円の赤字)になるとの見通しを発表しました。

また同日、採用抑制や定年退職などを通じて、連結従業員数を23年3月期末までに2500人減らし、3万3500人にすると明らかにしました。

さらにANAホールディングスも、22年3月期は2期連続の連結最終赤字となる見通しで、9000人の人員削減をすることを発表しています。

○ANA、9000人削減へ 地上職、CAら 通期1000億円赤字予想

JALには特別な就職枠があり、創価信者を多く採用していると言われていますが、ANAも同じく創価企業で、社員を監視し、集団ストーカー行為を常習的に行なっていることが明らかになっています。

○大マスコミが決して記事にしないJALと創価学会の関係。創価枠が作られダメになって行く。

○【集団ストーカー】社員を常に監視 創価企業ANAの実態

さらにANAに至っては、スーパー成城石井、家電量販店大手ノジマ、パソナ、KDDIなどに社員を出向させて人件費を圧縮するとの対策を始めました。

○新たに「KDDI」「パソナ」も…ANA社員出向先

ANAがこうした人件費削減策を始めたことで、JALも同じように社員を出向させる可能性は十分にあります。

航空会社の社員は、これまで“花形職業”と見なされてきましたが、今では派遣社員やパートと変わらない扱いを受けるようになり、随分と落ちぶれてしまいました。

もっとも、こうして大手企業が次々と人員削減を敢行するのは、創価学会がこの日本を共産主義国家にしようと目論んでいるためであり、わざと経営を悪化させて国有化を促している可能性がなきにしもあらずです。

○創価企業JAL赤字2866億円 コロナによる経済後退は共産主義化が狙い

創価企業はいずれも表向きは優良企業を装っていますが、その裏では凶悪犯罪に加担し、この日本を腐敗させている元凶となっていますので、一刻も早く創価学会がこの世から滅び去ることを心から祈るばかりです。

○【JAL123便墜落事故】NHKの第一報の原稿を書いたのは、創価信者の池上彰だった!

○【自民党総裁選】岸田文雄はシンガポールの初代首相「李光耀」の親戚、かつJAL123便を撃墜した「九鬼家」の血筋である可能性大!!

○ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment