RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ワクチン接種ミス、全国で1800件超 うち739件が重大な健康被害につながりかねない深刻なミス

厚生労働省は、ワクチン接種時に使用済みの注射器を使ったり、接種間隔や対象者を誤ったりといったミスが、9月30日までに全国で1805件報告されたと発表しました。

うち739件は、重大な健康被害につながりかねないミスだったことが判明しています。

また、報告全体のうち接種間隔の誤りが526件で最多となり、注射器の再使用といった血液感染を起こし得るミスが170件、接種量の誤りが99件、対象年齢でない人への接種が61件、対象者の誤認が39件報告されたとのことです。

コロナワクチン接種時の筋肉注射は、静脈注射などよりも比較的リスクが少ないと言われていますが、体内に針を刺す行為は神経を傷付ける恐れがありますし、一度使った注射器を他の人に使用した場合、血液感染のリスクも非常に高くなります。

ですから、決してミスが許されるものではありません。

にもかかわらず、1800件もの医療ミスが発生したということは、やはり医療従事者たちもコロナワクチンの副反応によって、判断力や集中力が低下している可能性が高いと言えます。

○インフルエンザワクチンと間違えてコロナワクチンを接種する医療ミスが日本各地で続発 コロナワクチンの副反応により、医療従事者たちの判断力が著しく低下している可能性大

また、こうした医療ミスについて、「これだけ多くの人に接種していながら1800件しかミスがないのは凄い」などと言って世論誘導する動きが見られ、非常に悪質な工作だと言わざるを得ません。

そもそもコロナワクチン自体、たった数ミリの量で人を死に至らしめる猛毒ですので、最初から接種すべきではありません。

○コロナワクチン接種後の副反応が原因で、トラックドライバーによる事故が多発 接種者の運転能力が著しく低下

○【コロナワクチンの健康被害】 新たに81人の救済認定 その裏で5万人がワクチン接種によって死亡している可能性大

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment