RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

RAPTさんから長く離れて生活してみて、RAPTさんがどれだけ神様から愛と力を授かっているかを改めて心底悟った!(十二弟子・NANAさんの証)

RAPTブログに出会い、神様を知るようになって、御言葉を学び始めた方々というのは、神様を信じ愛して、神様の御言葉に聞き従う信仰生活を、”たった一人”で行なっていらっしゃる方がほとんどだと思います。

しかし私は、RAPTさんに出会い、RAPTさんにお供させていただきながら、ずっとRAPTさんのすぐ傍で信仰生活をさせていただいてきたので、たった一人で信仰生活をするという経験がほとんどありません。

神様は、そんな私が絶対に気付かなければいけないことを気付かせるために、あるとき、RAPTさんと離れて、たった一人で信仰生活を何週間か続けるという状況に置かれたことがありました。

そして、その経験を通して初めて、「今まで私は、RAPTさんから直接どれほど深い神様の愛と力と恵みを受けてきたのか!」ということに深く気付きました。

たった一人になったときは、「RAPTさんに直接お会いできなくても、御言葉は毎日RAPTブログで与えてくださっているのだから、今まで通り、御言葉を通して力と恵みを受けられるはずだ」と思いましたし、「RAPTさんとしばらくは直接お会いできないのだから、このときこそより一層、気合を入れて頑張るぞ」と意気込んで、神様に従おうとそれなりに頑張っていたつもりでした。

しかし日を追うごとに、自分でも気付かぬうちに、段々と自分のことばかりで頭がいっぱいになり、神様中心ではなく、自分中心のズレた信仰生活になってしまっていました。

そして、今まで神様の仕事をしながら受けられていた、神様の力や恵みや構想やアイデアなども、なかなか受けられなくなり、お祈りをしても神様から力を受けられなくなってしまいました。

そのときは、どうして神様の恵みや力が受けられなくなったのかが分からず、受けられなくなっていることさえも気付くことができずに、ただただ恵みがなくなっていく辛さと、神様の仕事が全く思うように進まない焦りが出てきて、どんどん後ろ向きな気持ちになり、苦しい日々が続きました。

しかし、しばらくして、またRAPTさんと直接お会いすることができるようになり、そして、RAPTさんとお話をさせていただく中で、自分が神様の考えとは違う考えを持ってしまっていたことに気付き、神様とは正反対な世の中的な考えに陥り、信仰を持つ前の自分の考えに戻ってしまったかのような恐ろしい状態だったということに、ようやく気付くことができました。

そして、RAPTさんご自身が、神様の考えとズレることがないように毎日どれだけお祈りし、どれだけもがいているのかを話してくださり、「RAPTさんですらそうなのに、自分は何様なんだ…」と、自分の高慢さも心から反省し悔い改めました。

また、神様の御言葉とは違う考え(神様と真逆の考え)を抱いてしまうことが、神様の心情をどれほど傷付け、RAPTさんの心情をどれほど傷付けてしまうのか、ということを心から深く悟りました。

そしてRAPTさんは、私の間違った考えがなくなるようにと、神様の考えをたくさん話してくださり、私の脳を神様の考えに作り替えられるようにと何時間も話をしてくださいました。

それによって、自分の霊魂はみるみる力が湧いてきて、神様の愛に包まれ、心が喜びに満ち溢れていくようになり、後ろ向きだった心が前向きに変わり、「よし、やるぞ!」とやる気に満ち溢れ、そして、それまで痛めていた腰も、神様にお祈りしたら、すぐに痛みがなくなって、RAPTさんと共に神様の仕事が成せるようになったのです!

聖書の中に、イエス様の衣に房に触れただけで、十二年もの間治らなかった病が治った女の話(マタイによる福音書9章20節〜22節)がありますが、まさに私はRAPTさんに直接お会いしたときに、頭にこびりついていた間違った考え(神様と真逆の考え)が取り除かれ、神様の考えを持てるようになり、喜びと希望に再び満ち溢れるようになり、体の病までみるみる癒されていったのです。

本当にRAPTさんは、このように私を数え切れないほど何度も救ってくださいました。

たった一人で信仰を守っていた十二弟子の方々が、RAPTさんに初めて直接お会いすることで、RAPTさんがどれほど神様の愛に溢れ、力があり偉大な方なのかということを実感し、たくさん証してくださっていますが、私もRAPTさんと離れて初めて、RAPTさんの愛と力と偉大さを、改めて身をもって実感し、これまでの自分の愚かさと高慢さを心から悔い改めました。

〇聖書に書かれた奇跡が、RAPTさんの周りでも実際に起きている(十二弟子・KAWATAさんの証

〇RAPTさんの言葉やお祈りによって、何度も自分にまとわりついていたサタンが離れていった体験(十二弟子・エリカさんの証)

〇RAPTさんと初めて電話でお話したときの不思議な体験(十二弟子・ミナさんの証)

また、このことを通して、RAPTさんの御言葉を学び、神様を信じ愛して、たった一人で信仰生活を送りながら神様に選ばれた十二弟子の方々も、たった一人で信仰を守られている全世界の兄弟姉妹の方々もみんな、RAPTさんに直接お会いできなくても、神様と必死でつながるようにもがき、RAPTさんの霊魂と必死でつながろうともがきつづけているのだと今更ながら悟り、尊敬の念を抱かざるを得ませんでした。

だからこそ、そのように頑張っていらっしゃる方々とお話をするだけで、力と恵みを受けるのだと改めて悟りました。

〇RAPT有料記事54 (2016年3月28日)一人でいてもうまくできる人になる。

神様は、「一人でいるときに良くできてこそ〈選手〉であり、〈英雄〉、〈キング〉、〈スター〉であり、一人でいてもよくできる人が〈先生〉であり、〈指導者〉であり、〈リーダー〉だ」と教えてくださっています。

これからは私自身も、神様からもっと練達を受けて、一人でいても、神様と一つとなって力強く行っていける〈英雄〉となり、自分の得意分野でRAPTさんのような〈リーダー〉となって、人々を神様のもとに導く大きな働きを成していけるようにどこまでももがき頑張ります!

そして、これからもっともっと、RAPTさんの御言葉に多くの方が出会い、RAPTさんを通して、神様の愛の力をたくさん受けて、清く前向きな考えに満ち溢れて毎日を生きられるように切にお祈りしています。

〇RAPT朝の祈り会(2021年10月分)
2021年10月24日(日)サタンは私たち義人の信仰を私たちに気付かれないように少しずつズラしていく。そうして、修正不可能なところまで完全にズラした上で、アダムとエバのように騙して堕落させる。(爆発的な恵みを受けていないなら、信仰がズレていると考え、神様を第一にして生きられるように徹底的にもがきなさい。)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment