RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

ここ最近、集団ストーカーの実態が次々と暴かれていますが、ストーカーとして駆り出されている連中の中に「売れない芸能人」も含まれている可能性が高いことが分かってきました。

以前、RAPT氏をストーカーした犯人が、中田敦彦の弟である中田啓之だったことが明らかになりましたが、中田啓之が所属するワタナベエンターテイメント自体が、創価学会と密接につながっています。

その関係性が、こちらのツイートに集約されています。

つまり中田啓之は、ワタナベエンターテイメントを介して、竹中平蔵や菅義偉、そして集ストの司令塔だった創価学会の幹部・佐藤浩と繋がっているということです。

このような芸能事務所から、売れない人材がストーカーとして駆り出されている可能性があります。

しかし、中田啓之がRAPT氏をストーカーしたことが世間にバレてしまい、その後も集団ストーカーを送り込むたびに創価学会の秘密が暴かれているので、その責任を負わされたのか、佐藤浩が失脚してしまいました。

さらには、菅と佐藤、そして二階俊博によって保たれていた自民と公明党の関係にも、亀裂が入っているようです。

彼らはストーカーを送り込んでRAPT氏に卑劣な嫌がらせをしていますが、実は創価学会の方が計り知れないダメージを受けており、そのダメージは修復不可能なところまで来ているのかも知れません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)