RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

インチキ学者現る 嘘のコロナ第4波を予告

『Googleの感染予測』にて、コロナウイルス感染者の「第4波」を予告する、インチキ学者が現れました。

コロナパンデミックは、創価学会が仕掛けたただの茶番であることが明らかになっていますが、この宮田裕章の勤務する「慶應義塾大学」は、創価学会と深くつながり、創価人脈を形成する上で重要な拠点となっています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

また、Google自体も創価企業であり、この「第4波」報道は、未だにコロナ計画を諦めたくない創価学会の悪あがきに過ぎないことが分かります。

また、AIによって来月20日の感染者・予測数が出されていますが、その数は「2133人」。

このコロナパンデミックを計画したのは、大本教の出口王仁三郎であることが暴かれていますが、大本教の教典はひふみ神示というものです。

「ひふみ」とは「123」を表しますが、感染者予測数に使われている数字に「1」と「2」と「3」がそのまま使われています。

まるで願掛けのようにも見えますが、実際に世の中の人たちを見てみると、ほとんど誰もコロナウイルスを怖がっている様子は見受けられません。

どれだけ洗脳工作をしようとも、コロナ計画が上手くいくことはこれから先もあり得ないでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment