RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

和歌山県紀の川市内に住む、小学6年生の女子児童がコロナワクチンを接種した3日後(9月14日)に死亡したことが明らかになり、大きな波紋を呼んでいます。

○コロナワクチン接種の副反応で小学6年生の女児が死亡 学校側は「不慮の事故」として真実を隠蔽

現在、ツイッター上では、工作員たちがこの事実を隠蔽しようと必死で火消ししていますが、彼らの努力も空しく、ネット上ではこの情報が猛スピードで拡散されています。

https://twitter.com/psychogun_man/status/1444581464037736452?s=21

この情報は、9月末から10月にかけて拡散されはじめましたが、これと同じタイミングで、紀の川(橋のある場所は和歌山市)にかかっている送水用の橋が突如、崩落しました。

そのため、3日の夜から約6万世帯が断水し、周辺の学校は臨時休校となっているそうです。

橋が崩落した地域と小学生が死亡した地域は少し離れているものの、ワクチン死を揉み消すために事故をわざと起こしたのではないかと、多くの人たちが疑いの目を向けています。

仮にこれが偶然の事故だったとしても、ワクチン死から庶民の目を逸らすためのスピンとして利用されていることは確かな事実であり、女子児童の死について報道しようとしないマスコミも非常に悪質だと言えます。

このようにコロナワクチンによって子供たちの命が次々と奪われていますので、こうした情報を広く拡散し、できるだけ多くの子供たちの命を守っていかなければなりません。

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

○【VAERSの報告書より】ファイザー製コロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う動脈の炎症・血栓により死亡

○創価国ブラジルが未成年へのコロナワクチンの接種停止を検討 大統領も接種拒否 ワクチン接種後に32,000人の国民が死亡との情報も

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment